menu

相続の専門家を検索

自筆証書遺言とは?メリット・デメリットまとめ

手書き・直筆で作れる遺言、自筆証書遺言についてです。

遺言書 2015年12月4日 閲覧数:195

最近は相続関係の雑誌記事、テレビ番組などで遺言についての話題が増えています。
ここでは、遺言のなかでも「自筆証書遺言」についてメリットとデメリットを解説していきます。
 

自筆証書遺言とは?

自筆証書遺言とは

自分で「手書き」、「直筆」で書面に遺言内容を記述し、捺印して作成するものです。

自筆証書遺言でやってはいけないこと

以下のものは法的に遺言書として認められません
  • パソコンなどで作成して​プリントアウトしたもの
  • 代わりにだれかに書いてもらう(代筆)
  • 鉛筆やこすって消えるペンで書いたもの
 

遺言を書く際の注意事項

間違いは修正できる

文字を修正する場合には、二重線を引いて、削除、加筆などの訂正を行ったうえで、その文章の脇あたりで「○字削除、◯字加筆」などの修正のための文言をいれましょう。

何度でも書き換えできる

遺言書は相続が発生するまで、何度でも新しく書換えることができます。
 

自筆証書遺言のメリット

もっとも簡単

自分が必要と思うときに、必要と思う内容を自分なりに記載できます。

特に最低限の要式さえ整っていれば、自由な文章で書くことができます。

お金がかからない

自分で紙面に手書きの上捺印するだけなので、なんといってもお金がかかりません。

特に誰かに立ち合ってもらったり、届け出をする必要もありません。

第三者に秘密で用意できる

自筆証書遺言は、自分だけで完結する作業のため、家族や第三者に知られることなく遺言書を作ることができます。

他の方式では立会人等の存在が必要となるため、この点は大きなメリットです。

自筆証書遺言のデメリット

相続時に裁判所で確認してもらう必要がある

自筆証書遺言の内容を裁判所で確認してもらう「検認」という手続きが必要となるため、すぐに(1ヶ月半~2ヶ月)相続を開始できないデメリットがあります。
なお、検認手続では相続人全員が顔を合わせることになりますが、意外とこれを防ぎたいと思う方もいらっしゃいます。

本物かどうか疑われることがある

本当に本人がその自筆証書遺言を書いたのか、誰かがむりやり書かせたのではないか、本人が理解できないうちに書かせたのではないか、などといった疑いをかけられ、相続人同士がもめる原因になることがあります。

筆跡鑑定をしようにもパソコンの普及で本人の書いた文章が減っているため、証拠が少なく鑑定しずらいといったこともあり得ます。

見つからない、破損してしまっていることがある

書いた自筆証書遺言が誰にも発見されなかったり、読めないほど破損してしまっている可能性もあります。

内容が正確なものにならない場合がある

遺言書は相続に遺言者の意思を反映させるためのものです。
だれに、どの財産を相続させるのか?を正確に書くべきです。
したがって、相続人や財産の内容をしっかり特定させるために、明確に記述する必要があります。
ところが、あやふやな内容で作成される場合も少なくないのでせっかく作成した遺言書の効力が発揮できないことがあります。

実は相続人にとって望ましくない内容になることが多い

これもよく聞くお話ですが、「不動産は共有とする。」「長男に相続させる。」とした内容とすることがありますが、そもそも不動産の処分ができずにトラブルになったり、相続税の納税が前提に無かったりしてかえってトラブルが発生してしまうこともあります。
 

財産が少ない人ほど遺言を作ったほうがいい


上図は家庭裁判所に持ち込まれた相続関係の相談の件数、そのうちの財産別の内訳をあらわしています。

これによれば件数は増え続けており、また同時にトラブルになっている方の3割が1,000万円以下の財産、4割が5,000万以下と大部分をしめているのです。

なぜ財産が少なくてもトラブルになる?

財産が多い方はしっかりと準備・対策をしているため、トラブルになるケースが少ないのに対し、財産が少ない方は「どうせあまりないんだから対策は必要ない、考えておくこともない」と思ってしまっているからです。

不動産が1個だけ、子供が何人かの場合には必ず準備を。

不動産が自宅など1個だけで子供が2人以上いる場合、誰がその不動産を相続するのか、そして残されたほうは代わりに何をもらうのかでトラブルになってしまうケースが多いのです。

法定相続分どおりであればそれぞれ半分ずつもらえるはずが、お兄ちゃんは家をもらって、その代わりに弟は現金をもらおうとしてもその現金がない場合なども多いでしょう。

家族で話し合いの場をもっておく、生命保険の受取人を弟にする、遺言書を作っておいて手続きがスムーズにいくようにするなどの準備をしておいたほうがいいのです。
 

まとめ

自筆証書遺言は手軽に安く作れることがメリットですが、その反面、正しく効果が発揮できないリスクがあるのに気をつけましょう。

この記事について
オール相続の最新情報をお届けします。

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

オール相続のメルマガに登録!

相続・資産に関するお得な情報や、限定セミナーのご招待などをお届けします。

メールアドレスは abc@example.jp の形式で入力してください

「遺言書」に関する他の記事

「遺言書」に関する相談Q&A

  • 兄弟間の遺産相続について

    1週間前母親が他界しました。私たちは五人の兄弟で私は4女です。遺産は土地だけで5...

    遺言書 2016年5月31日 パラワンオオヒラタクワガタさん 回答数:1

  • 遺言状が破損した場合。

    いつもお世話になっています。 お知恵を拝借したいことが出てきました。 先日、...

    遺言書 2016年6月1日 とまとさん 回答数:1

  • 遺言書についての質問

    父親の名義である持ち家を遺言書で子供Xに譲渡されると書かれていたとします。子供...

    遺言書 2016年5月30日 のりべんとうアタッチメントさん 回答数:2

  • 遺言状の効力について

    いつもお世話になっております。 遺言状の効力についてお聞きしたいです。 遺産...

    遺言書 2016年6月1日 たかみさん 回答数:2

  • 遺言書についての疑問

    父親の名義である持ち家を遺言書で子供Xに譲渡されると書かれていたとします。子供...

    遺言書 2016年5月30日 のりべんとうΩさん 回答数:0

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.