menu

相続の専門家を検索

故人が連帯保証人だった場合の相続、相続放棄のポイント

相続されるのか?どのように相続されるのか?

相続放棄 2015年12月4日 閲覧数:919

遺産分割の話は、プラスの財産(預金・土地・建物等)に目が向きがちです。しかし、マイナスの財産(借金・ローンなど)も併せて承継することを考慮に入れなければなりません。
とくに、小規模の株式会社を運営されている方は、会社の負債について連帯保証人になっていることが多くあります。
このページでは、故人が連帯保証人だった場合の相続、相続放棄のポイントを解説します。

連帯保証人とは?

保証人とは

保証人

そもそも保証人とは何でしょうか?
簡単に言えば、お金を借りた本人(主債務者)がお金を返せなくなったときに、代わりにお金を返すことになる人のことです。

保証人は、もし実際にお金を貸した人(債権者)から「代わりにお金を返してください」(借金の返済請求)と言われた場合、そのまま返すのではなく、いくつかの対応ができます。

催告の抗弁権がある

まず、保証人は、お金を借りた本人(主債務者)にまずは請求してくださいといえます。

これを催告の抗弁権といいます。

検索の抗弁権がある

主債務者が支払える状況なのに支払わない場合には、主債務者に強制執行をするように債権者にいうこともできます。

これを検索の抗弁権といいます。

保証人同士で分けて負担できる

さらに、保証人が複数いる場合には、債務としての責任は複数の保証人で分け、その分だけ負担すれば良いことになっています。
 

連帯保証人とは

さて、本題である連帯保証人とは何でしょうか。

連帯保証人は、上記の保証人ができることはすべてできません。

つまり、債権者から、いきなり借金の返還請求をされた場合に、支払わなければなりません。主債務者が支払いを拒否した場合に、強制執行してくださいということもできず、支払いを拒めません。さらに、連帯保証人は全額を返済しなければなりません。返済した後に、他の保証人に求償するしかありません。

連帯保証人は責任が重い

以上のように、連帯保証人の責任は大変重くなっています。
債権者にとっては有利かもしれませんが、主債務者にとっても支払わないでいなくなった場合には、全額を丸かぶりしなければならない状態になってしまうのです。

連帯保証はできるだけ避けたいものではあります。

とはいえ、会社を経営している社長の場合は、会社が借金するときに社長が連帯保証人となることが多いでしょう。会社であれば、その経営責任という意味でも致し方ないと言えます。

そして、そんな会社の負債をおった連帯保証人である社長が亡くなると、相続人はどうなるのでしょうか。

 

連帯保証人の地位も相続されるのが原則

相続というと単に財産だけを受け継ぐと思われがちです。ですが、法律上は、亡くなった人の「立場」をそっくりそのまま受け継ぐことになっています。

つまり、被相続人が連帯保証人であれば、連帯保証人としての立場も同じように相続の対象となります。連帯保証債務も相続をするのです。

この債務も、通常の相続財産と同じように、法定相続分にしたがって相続されます。

つまり、妻と子ども2人で1,000万の連帯保証人になっているのだとすれば、妻500万、子250万ずつです。

逆に言うとそれ以上の範囲で責任を負う必要はありません。

連帯保証人の地位を1人にする遺産分割協議をすることはできる?

では、連帯保証債務を誰か1人がまとめて相続することはできるのでしょうか。

上記の例で言うならば、妻が連帯保証人となり、プラスの財産を子ども2人が受け継ぐというものです。それができれば、その後に妻だけが破産をするなどして、プラスの財産だけを残すこともできます。

しかし、これは認められていません。

マイナスの財産については相続人全員が責任を負わなければならないのです。プラスの財産だけ残そうという都合のいいことは、法律で認められていません。

 

連帯保証人になっているときの相続放棄

相続放棄の手続きの概略

連帯保証債務が過大な場合には相続放棄をすることも選択肢として考えることになります。

手続きは大きく下記の3段階です。なお、さらに詳しくは、「借金を相続放棄する方法を徹底解説」を参照ください。

申述

相続放棄の申し込み(申述)を、亡くなった人の最後の住所地を担当する家庭裁判所にする形で行います。

照会

申し込み(申述)の後に、照会書というものが送られて来るので、自分の真意からしたものかどうか、その理由などを記載します。

受理

問題ないと判断された場合に、家庭裁判所は相続放棄を受理するのでその証明書をもらって終わりとなります。

 

まとめ

相続では、連帯保証人の立場も受け継ぐことになります。連帯保証人の地位を相続させられそうなら、相続放棄しないというもの手です。
しかし、最初に述べたように、会社の負債について連帯保証人に被相続人がなっているような場合には相続放棄をしてしまうと、会社運営ができなくなってしまいます。
この場合、会社を継ぐか継がないかを明確にはっきりさせた上で相続放棄をするかしないかを検討するようにしましょう。
その上で判断に迷うような場合には専門家のアドバイスを受けることは重要です。

この記事について
オール相続の最新情報をお届けします。

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

オール相続のメルマガに登録!

相続・資産に関するお得な情報や、限定セミナーのご招待などをお届けします。

メールアドレスは abc@example.jp の形式で入力してください

「相続放棄」に関する他の記事

「相続放棄」に関する相談Q&A

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.