menu

相続の専門家を検索

家督相続とは~昭和の家族法改正までの日本の相続制度

ニュース・コラム 2015年12月4日 閲覧数:290

現在は日本では、子供や親、兄弟や配偶者など相続人は多岐に渡ります。しかし、昭和22年までは封建的な考え方に基づく家督相続という制度が残っていました。

そこで、このページではどのような制度だったのか等について述べたいと思います。

家督相続制度とは

明治31(1898年)年7月16日に施行された民法のもとにおいてとられていた制度です。

家の長としての戸主を中心に考え、戸主が亡くなるあるいは隠居をする等によってあたらしい戸主にすべての身分・財産を相続させることをその制度の基本としてたのが家督相続制度です。

現行の相続のように死亡のみをその開始原因とするのではなく、隠居をした上で新しく嫡出子である男子のみが継ぐというところにその最大の特徴がありました。

この制度は昭和22年に民法が改正され、今の相続の形になりまで維持されたことになります。

家督相続制度はもはや実務に関係ない?

実は必ずそうとも言い切れない部分もあります。

登記簿をうつしていない土地や建物の中には所有権者のお生まれが明治や慶応の方もおられ、亡くなったのが家督相続制度の下でのできごとのままの状態で何もしないで放置しているものが実務上散見されます。

これはさかのぼって今の民法の相続分に従うわけではなく、その当時の民法の内容で判断されます。いざその土地や建物等の登記を改める際には、このことを頭に入れておかないと正確な所有権者を誤ってしまうことがあります。

この記事について
オール相続の最新情報をお届けします。

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

オール相続のメルマガに登録!

相続・資産に関するお得な情報や、限定セミナーのご招待などをお届けします。

メールアドレスは abc@example.jp の形式で入力してください

「ニュース・コラム」に関する他の記事

「ニュース・コラム」に関する相談Q&A

条件に該当する相談はありませんでした。

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.