menu

相続の専門家を検索

介護士はどのような対応をしてもらえるのか?

介護・医療 2015年6月23日 閲覧数:143

介護施設の利用を検討している人にとって、介護士が利用者に対してどのような介護をしてもらえるのかということに関しては、とても気になる人が多いと思われます。どの程度の介助をしてもらえるのかということについては、介護施設によって異なりますし、利用者の要介護等級によっても大きな違いがあると思われますが、一般的に介護士が行ってくれる介助として「日常生活で起こることの全て」が挙げられます。例えば、入浴や排泄、食事など人間の生理的に必要なことに対して様々なサポートをするのが特徴的です。その他にも、歯磨きをするのが難しいという利用者には口腔ケアのサポートをしてもらえますし、服を着る際に介助してもらいたいという利用者には服を着るサポートをしてくれます。今回は、そんな介護士と利用者の関係について詳しく紹介していきます。

利用者のために心を尽くすのが介護士の仕事

上記で紹介したような介助をしてくれるのが介護士となっていますが、利用者に合わせた介助を心がけているのがポイントです。例えば、排泄の解除をする際でも、排泄をしたくなるタイミングや回数などは個人差がありますので、常に気をつけておかなければなりません。また、排泄の介助をされることが利用者にとってストレスになってしまうと、排泄の介助を頼むという行為を避けて、無理にでも自分で排泄をしようとしてしまいます。そうなると余計なトラブルを引き起こしてしまう危険性がありますので、まずは利用者と介護士との間に信頼関係が構築されなければいけません。

介護士は機械でもロボットでもない

利用者の中には、全ての生活が自分の思い通りにいかないと納得出来ないという人が少なからず存在します。例えば朝起きるときの起こし方や車いすのスピード、食事介助の際の食べる順番や食べる早さなど、全てが自分の思い通りにならないと介護士にキツくあたってしまうという人も多いです。介護施設に預けている子供さんや御家族の方は「それが介護士の仕事だろう!」と強く言ってしまう人も多いですが、介護士も人間ですので、機械やロボットのように完全に満足できる介助というのは不可能だということを知っておいてください。

入所前に見学をして、入所後に納得ができないなら転所がオススメ

介護施設を利用する際には、前もって見学をするのがオススメです。「近くにあるのがここしかない」とか「病院で勧めてもらったから」というような理由ではなく、キチンと見学をして利用者や家族と相談をしてから入所する介護施設を決めてください。近年では、利用者と介護士のトラブルも増えてきています。利用者の数が膨大になっているので、表沙汰になっているのは極々一部だと思われますが、利用者が介護士に対して暴力やセクハラ行為をしていたとか、介護士が利用者に対してストレスの捌け口にしていたとか、様々な問題が噴出しているので、それらを避けるためにも、入所前の見学は必須となっています。もしも、入所後にトラブルになりそうな事案があれば、また費用が発生することになりますが転所するのも一つの手段です。大切なのは利用者が気持ち良く利用することが出来る施設に入所してもらうことになります。安心できる施設に入所することが出来れば、家族や子供さん、お孫さんも安心して見届ける事が出来るようになります。

この記事について
オール相続の最新情報をお届けします。

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

オール相続のメルマガに登録!

相続・資産に関するお得な情報や、限定セミナーのご招待などをお届けします。

メールアドレスは abc@example.jp の形式で入力してください

「介護・医療」に関する他の記事

「介護・医療」に関する相談Q&A

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.