menu

相続の専門家を検索

家賃収入を考えたときにするべきこと

土地活用・賃貸経営 2015年6月24日 閲覧数:229

家賃収入と聞いて何を思い浮かべますか? ほとんどの人が「アパート経営」を思いつくでしょう。しかしそれだけではありません。マンションの区分所有、店舗、オフィスなども考えられます。誰から家賃をもらうのか? どうもらうのか? 家賃収入を考えたとき、やるべきことは実はたくさんあります。

家賃収入への道は何からはじめる?

初歩の初歩は、情報を集めることに他なりません。不動産投資についての書籍はたくさん出版されていますし、インターネットでも情報はあふれるくらいにあります。「業者に依頼するので大丈夫」と思っていたとしても、最低限の専門用語は必要です。不動産投資の情報に触れ、不明な用語について調べ、知識を増やしていくことが、家賃収入への第一歩となります。それだけではなく、周辺で開催される不動産投資に関するセミナーなどに出掛け、具体的な情報についても知っておきましょう。こうした場所に足を運ぶことで、後々重要なアドバイスをしてくれるパートナーが見つかるかも知れません。

自己資金を知っていますか?

不動産投資には高額な資金が必要となります。自分がどれだけ資金を持っているのか知らなければ、もちろんはじめることはできません。この際、貯蓄や有価証券、不動産などの資産はもちろん、ローンやクレジットカードの借入残高についても調べましょう。ローンを借りる場合、それらの負の財産によって借りられる金額が違ってくる場合もあるからです。

将来の安定収入のためには事前調査が必要?

前述しましたが、家賃収入を得られるのは「アパート経営」だけではありません。大家さんの意向はもちろん大切ですが、どんな条件かによって、選ぶ物件が大きく変わってくるのです。例えば駅前の一等地に土地を持っていた場合、アパートでも、マンションでも建てられますし、店舗でも、オフィスでも家賃収入を得られるでしょう。しかし住宅地に土地がある場合、あるいは閑散とした場所に土地がある場合、そうはいきません。安定的に家賃収入が得られるかどうかは実はこの事前調査が大切です。できるだけ多くの情報を集め、的確な判断をしましょう。

家賃収入は誰からもらう?

次に必要となってくるのは、誰から家賃収入を得るのか、です。先ほどの例でいえば、駅前の一等地にアパートを建てた場合、独身者にターゲットを絞るのか、ファミリーにするのか、どちらでも住めるような部屋の構成にするのか、を考える必要があります。これらのことは、周辺の住民構成や、生活環境、近隣の競合物件の入居率などを調べ、決めていくことになります。

家賃収入につながる設備とは?

初期費用は高くなりますが、入居者を確保する上で欠かせないのが設備・仕様です。オートロック、テレビモニター付きインターホンなどの設備や仕様は入居者ターゲットによって大きく違い、入居率に大きな差が出ます。例えば独身者向け住宅であればインターネットの人気が高いですし、ファミリー向け住宅では追い炊き機能に人気があります。こうした入居者ニーズをしっかりと把握し、ターゲットに合わせた設備・仕様を導入しなければなりません。入居者視点で吟味し、最適な設備・仕様を選ぶことで、安定的な家賃収入につなげていくことができるでしょう。

この記事について
オール相続の最新情報をお届けします。

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

オール相続のメルマガに登録!

相続・資産に関するお得な情報や、限定セミナーのご招待などをお届けします。

メールアドレスは abc@example.jp の形式で入力してください

「土地活用・賃貸経営」に関する他の記事

「土地活用・賃貸経営」に関する相談Q&A

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.