menu

相続の専門家を検索

在宅介護のメリットは?注意点は?

介護・医療 2015年6月25日 閲覧数:719

在宅介護は現在ではとても大きな注目を受けています。在宅介護だけでなく、在宅医療というのもとても大きな注目を受けている状況です。在宅で介護や医療を行なうことは、人々の生活のニーズを満たしていくと言われています。

それゆえに介護や医療で在宅の要素を取り入れることは社会的に積極的な姿勢を見ることができます。日本の医療において長期入院というのはとても大きな課題になっている面がありますが、在宅の要素がより強くなれば、長期入院等の問題を解決する一助になるとも言われています。

そんな在宅要素を持った介護、医療ですが、そのメリットは、とても多くあります。 そのうちでも一番大きなものとしては、自分が慣れている環境で生活をすることができるという点です。慣れている場所で生活をすることができるので、精神的にリラックスすることができ、精神面でとても良い影響を及ぼしてくれると言われています。 また終末期医療においてこの在宅介護のメリットはとても顕著に現れてくると言われており、最後の最後は自分の家で過ごしていきたいと思っている人にとって願いをかなえてくれる手段でもあります。

ただ、メリットばかりではなく、デメリットも存在します。在宅介護の一番大きなデメリットとしては、何かあった祭に、対応が遅れるという点です。医療環境の整った病院や、施設等であれば、何かあった祭にすぐに対応できるものですが、在宅となると、迅速な対応というのはどうしても限界があります。 家族の対応もとても重要になり、応急処置や緊急的な手当てに関する知識がないと、致命的な状態になってしまうこともあります。在宅での介護、医療というのは、とても大きなメリットがありますが、その反面とても大きなデメリットがあるとされています。

在宅介護は信頼できる施設、事業所を見つけてから

在宅介護というのはサービスとしてとり入れている事業所、施設も多くあります。それゆえに取り入れやすいサービスの1つですが、信頼関係がとても大切です。何かあったらすぐに対応してくれるのか、どこからどこまでサービスとして対応をしてくれるのかを明確にしておく必要があります。そして何より最終的に大切になるのが、いざとなった時、適切に対応してくれるかどうかです。ここで安心感を覚えることができない在宅介護というのは、結果的にデメリットばかりが大きくなりがちです。

在宅介護、医療はとても大きな注目を受けていますが、何でもかんでも「在宅」と考えている場所は少し注意が必要です。状態、病状、障害によっては在宅での介護、医療が不可能なことは当然あります。しかし、何でもかんでも「在宅」という方針を採っている施設の場合、基準が曖昧になっていたり、とりあえず在宅でも良いと考えてしまうことも多いです。病気等によっては施設や病院で集中的に治療をしてしまったほうが良いこともあります。

施設の方が良いのか、在宅の方が良いのかをしっかり検討し、決定してくれる施設、サービス事業所を探していくことをオススメします。

※上記のことから、在宅サービスを主に提供している施設、事業所において、サービスの提供を断られてしまうこともあります。断られてしまった際には、その理由をできれば確認しておくことをオススメします。終末期においては少し例外であり、どのような人でも在宅医療を推進していく施設、サービス事業所はあります。というのも、終末期であると対処できる範囲が狭くなり、施設や病院にいてもできることが限定されてしまうことがあるからです。それであれば、自宅でゆっくりと過ごしてもらったほうがメリットがあるとして、在宅を推奨してくる場合もあります。ただ、この場合も万が一の際の対応は遅れてしまいがちであることをしっかり意識しておくべきです。

この記事について
オール相続の最新情報をお届けします。

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

オール相続のメルマガに登録!

相続・資産に関するお得な情報や、限定セミナーのご招待などをお届けします。

メールアドレスは abc@example.jp の形式で入力してください

「介護・医療」に関する他の記事

「介護・医療」に関する相談Q&A

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.