menu

相続の専門家を検索

マンション経営の3つのポイント

土地活用・賃貸経営 2015年10月9日 閲覧数:82
投資用マンションの物件を購入し、経営を成功させたいなら、いくつかのポイントがあります。マンションには管理費や修繕積立金など特有の費用がかかるためです。 また空室になるとデメリットが大きいために、空室を避けるテクニックも必要になります。このページではそれらについて説明しましょう。

単身者とファミリーでは希望する立地条件が違う?

まずマンション経営をはじめる際に最も重要なのが立地条件を知ることです。一戸建てとは違い、マンションへの入居を希望する人はその利便性にメリットを感じているからです。その代表格が立地条件です。駅から近い、周辺の環境がよい、生活利便施設が豊富などは最も重要なポイントの一つです。 単身者用物件とファミリー用物件とでは重要視する条件も違うことも覚えておきましょう。例えば単身者用ではコンビニが近い、駅から近いなどが優先されますし、ファミリー物件では駅から少々遠くても学校が近い、スーパーが近い、駐車場があるなどでも入居者の評価は高くなります。 こうした立地条件は自分では変えることができませんので、予め揃っている物件を探すのがマンション経営の第一歩となります。

修繕積立金が低くても安心できない?

マンションにとって必要な費用の一つが、管理費と修繕積立金です。物件を選ぶ際には物件価格だけではなく、これらの費用もしっかりと調べるべきです。 管理費は固定されていますが、それに見合った管理がされているか、もオーナーにとってはチェック項目となります。管理体制が悪いと入居者の早期退去につながりかねないからです。管理人さんが住み込みなどは比較的長期間の入居になるケースが多く、反対に管理体制が悪い場合は入居者の快適性を損ねる要因となります。そうした場合はオーナーとして管理組合の会合などに出席し、意見を言う積極性も必要になってくるでしょう。 一方、修繕積立金は将来マンションを修繕する際に積み立てているものです。この額が高いと実質利回りに影響を与えますが、実はこの額が低すぎる場合も注意が必要です。それは急に修繕が必要となった場合、特別修繕金として多額の金銭を請求されるケースがあるからです。 大規模な修繕をいつ行ったかなども購入の際にチェックポイントとなります。修繕が著しくなされていないケースは、物件の資産価値に影響を与える場合もあります。

入居者の信頼を得ることが成功の鍵?

マンション経営の一番のポイントは空室を避けることです。例えば条件のいい物件で、退去後もすぐに入居者が入る物件だとしても、入居者募集の広告費や清掃費など退去時の費用はかかるからです。 そこでせっかく住んでくれている入居者に長く住んでもらうのが経営者として一番のポイントとなります。そのためには前述した管理体制の改善などに加え、人気設備を導入したり、最新の設備に入れ替えたり、入居者の住みやすさを考慮することも必要です。 例えワンルームマンション1室のオーナーだとしても、入居者との信頼関係をしっかり築くことがご自身のマンション経営を成功へと導いてくれます。

この記事について
オール相続の最新情報をお届けします。

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

オール相続のメルマガに登録!

相続・資産に関するお得な情報や、限定セミナーのご招待などをお届けします。

メールアドレスは abc@example.jp の形式で入力してください

「土地活用・賃貸経営」に関する他の記事

「土地活用・賃貸経営」に関する相談Q&A

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.