menu

相続の専門家を検索

マンション売却の際の注意点は?

不動産売却 2015年10月9日 閲覧数:89

普通の人なら、マンションを売ることは人生で一度あるかないか。それほど稀少な体験ですから、もちろん失敗はしたくありません。自分の資産を目減りさせないという観点からもぜひとも成功させたいものでしょう。 そこで今回はマンションを売るときの注意点についてご紹介しましょう。

適切な価格で売却するには?

まずマンションを売却しようとしたとき、知らなければいけないのは相場です。「今はどれくらいで売れそうか」ということを知らなければ、適切な価格で売却することはできません。 今はインターネット上で不動産を鑑定するサイトも多数あります。これらを活用し、相場を知ることで「いくらで売りたい」から「いくらなら売れそう」に意識が変わっていくはずです。ここがマンション売却のスタートとなります。

査定額は不動産会社によって違う?

次に必要なのは実際に自分のマンションがいくらで売れるのか、値段を付けてもらうことです。相場を知っただけではもちろん自分のマンションの価格は分かりません。プロの人の目でしっかりと査定をしてもらいます。 査定をしてもらうことで、「いくらなら売れそう」から「これくらいなら買ってくれる人がいる」という段階に進みます。ただし、より高く売却するためには、ひとつの会社だけに査定をしてもらうよりも、複数の会社に依頼しましょう。同じ物件でも査定額は意外と違います。それぞれの不動産会社の経験、視点が違うからです。 またご自身が複数の不動産会社と知り合うことで、よりよい担当者、パートナーと巡り会う機会を増やすことにもつながるでしょう。 複数の査定額のうち、高いところを選ぶのもいいですし、一番信頼できる会社にお願いするのもいいでしょう。

査定額のまま売れることはない?

さて、そうして決まった査定額ですが、査定額のまま売却が決まるということはほとんどないと思いましょう。これが非常に重要です。 売却予定のマンションが超人気物件というのであれば話はまた違ってきますが、購入予定者も価格交渉してきますので、それにある程度応じる心構えが必要です。 査定を複数の会社にしてもらっているはずなので、相場はある程度ご自身でも認識されているでしょうから、査定額通りではなくても常識的な範囲の価格提示であれば、お互いに歩み寄るつもりで交渉を進めていきましょう。 この際、担当者の方に予め「査定額の何割減なら売却してもいい」などと伝えておくと、交渉はスムーズに進むはずです。

売却するときにもお金が必要?

ほかには、査定する際、担当者にできるだけ情報を伝えることが必要です。例えば、上階から水漏れしたことがあるなどマイナス要因となる部分でも、最初に伝えておけば後からトラブルになりません。 またマンションの売却には意外と費用がかかります。不動産会社へ支払う不動産仲介手数料、契約書に貼付する印紙税、売却益が出たときの所得税等、所有権移転や抵当権抹消、住民票や印鑑証明書の取得にも費用がかかります。 売買契約書や固定資産税納税通知書、登記済み権利書など必要な書類もたくさんありますので、これらを予め準備しておくと売却をスムーズに進めることができるでしょう。

この記事について
オール相続の最新情報をお届けします。

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

オール相続のメルマガに登録!

相続・資産に関するお得な情報や、限定セミナーのご招待などをお届けします。

メールアドレスは abc@example.jp の形式で入力してください

「不動産売却」に関する他の記事

「不動産売却」に関する相談Q&A

条件に該当する相談はありませんでした。

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.