menu

相続の専門家を検索

マンションのリノベーションはどのように進めるべきか?

土地活用・賃貸経営 2015年10月13日 閲覧数:62

新築マンショとは違って、世界にひとつだけの住空間を創るのがマンションのリノベーションです。楽しい作業ですが、しなければいけないことがたくさんあるため、計画的にすすめることが非常に大切です。 マンションのリノベーションをどのように進めるといいか、具体的に見ていきましょう。

リノベーションのスタートは夢を書き記すこと?

最初に取りかかるのは、「なぜリノベーションをするのか」を明確にしておくことです。どういう住みづらさを解消し、どうなったらベストなのか、ということをハッキリしておかないと、後々リノベーションが計画倒れになってしまいます。 自分らしい暮らしをイメージし、それには部屋がどうあるべきか、を自分の中で思い描きましょう。「水周りを快適に」、「部屋を広く」、「動線をスムーズに」、といったように箇条書きで構いませんので、思いつくまま書き出していくと後で役立つはずです。

予算は自己資金のみ?ローンにする?

次に必要なのは、いくら予算を使えるか、を把握しておくことです。夢ばかりを描いていても、資金がなければ実現性は乏しくなります。早めに資金の総額を把握することで、できること、できないことの区別もできるようになります。 まずは自己資金がいくら使えるのかを計算し、ローンを組む場合はいくらまで借り入れするのか、を自分なりにはじき出しておきましょう。

自分の所有なのに勝手に変えられないところがある?

自分の好きなように部屋の中を作り替えることができるのがリノベーションの魅力ですが、何でも勝手に変えられるわけではありません。 知識として覚えて欲しいのは、専有部分であっても、玄関ドアやベランダ、窓の大きさなどは変更できないということです。これらは共用部分に属しているため、入居者は使用のみ許されているのです。 またコンクリートでできている壁は耐震性などに影響を与えるため、穴を開けたり、移動することができません。このほかリフォームやリノベーションについては管理規約によりマンションごとに決められていますので、細かな計画をする前に確認をしておきましょう。

業者によってもできることが違う?

リノベーションは業者選びが成否を左右すると言っても過言ではありません。業者によってできること、できないことが違いますし、自信が描いた計画通りに進めてくれるかも、業者によって大きく違ってきます。 まずはホームページなどで事例などを見て、部屋のイメージが自分の思い描く理想に合っている業者を数社リストアップしましょう。最終的には3社程度に絞り込むのが理想です。 業者との打ち合わせでは、予算を含め自分のイメージを的確に伝え、部屋プランと見積書を提示してもらいましょう。全部の業者から部屋プランと見積書が届いたら、比較し、業者を決めていきます。 リノベーションが得意な業者といっても、一戸建ての経験はあるが、マンションの経験は少ないといった業者もありますので、じっくりと検討しましょう。

イメージが形になる過程も楽しめる?

業者が決まったら、次は図面を作ってもらい、その図面が自分のイメージと合っているか確認しましょう。工事が始まってからやり直したりすると、余分な費用がかかるだけではなく、工期も長くなります。しっかりと自分の意見を伝え、業者任せにしないことが肝心です。 もちろん工事が始まっても、現場を見学することが可能です。自分のイメージが形になっていく過程も楽しめるものです。

この記事について
オール相続の最新情報をお届けします。

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

オール相続のメルマガに登録!

相続・資産に関するお得な情報や、限定セミナーのご招待などをお届けします。

メールアドレスは abc@example.jp の形式で入力してください

「土地活用・賃貸経営」に関する他の記事

「土地活用・賃貸経営」に関する相談Q&A

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.