menu

相続の専門家を検索

おすすめの訪問看護ステーションはどんなところ?

介護・医療 2015年10月13日 閲覧数:69

訪問看護というのは、基本的に「医療行為をしてくれる訪問サービス」となっていて、病院で受けられるような処置を訪問して行ってくれるのが特徴になっています。 訪問看護では医療保険を利用するケースと介護保険を利用するケースに分かれていて、行ってもらえるサービスの違いはありませんが、手続きの方法や費用が異なることになります。 訪問看護は高齢者で要介護を受けている人でないと利用できないというイメージが強くなっていますが、医療保険を利用して訪問看護サービスを利用する場合は子どもや大人でも問題なく利用することが出来ます。 また、訪問看護ステーションの選び方としては、「何でもしてくれるところ」ということが挙げられます。 意外と、看護治療以外にも様々なことが出来るのが訪問看護ステーションのメリットとなっているので、最大限のサービスが活用できるステーションを選ぶのがポイントとなっています。

訪問看護の利用方法について

訪問看護ステーションを利用するためには、まずは申し込みをすることになりますが、直接申し込みをするのではなく、要介護認定を受けている場合は、地域包括支援センターのケアマネージャーに相談をする所から始まります。 その後、ケアマネージャーからかかりつけ医に依頼がされ、かかりつけ医から訪問看護ステーションに指示書が交付されることになります。 このような流れに沿って申込みをした方が、余計なトラブルを引き起こすこと無く訪問看護を利用することが出来る様になるのでオススメです。 介護保険が適用されて訪問看護を利用する場合は、実質負担額が1割負担となりますので、家計にも優しいシステムになっています。

訪問看護ステーションによってはマネジメントサービスも利用できる

これは施設によって異なるので、比較ポイントとなることが挙げられますが、訪問看護ステーションによっては、利用者のマネジメントもしてもらえることがあります。 介護や看護が必要な状態になると、色々なことで出費が嵩むことも多いです。 そのため、どのような制度を利用して、どのような器具を購入するというようなアドバイスをしてくれる訪問看護ステーションもあり、利用者の収入は支出の管理をしてくれる訪問看護ステーションもあります。 特に、医療保険と介護保険の狭間にあるような状況の人にとっては、どのような手続きをすればいいのか分からないという人も多いです。 このような人のために、訪問看護ステーションでは、利用者のマネジメントも行っているところが多いのですが、あくまでも「多い」というだけで義務ではありませんので、看護医療だけを行う訪問看護ステーションも多くなっています。 そのため、訪問看護ステーションを選ぶポイントの一つとしては、「利用者の生活を丸ごと預けることが出来るのか?」というところもチェックポイントになります。 また、訪問看護ステーションが提携している医療機関についてもチェックをしておくと良いでしょう。 かかりつけの病院と提携している訪問看護ステーションなら、万が一の際にもすぐに対応してもらえる可能性が高くなりますので安心して任せることが出来ます。

この記事について
オール相続の最新情報をお届けします。

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

オール相続のメルマガに登録!

相続・資産に関するお得な情報や、限定セミナーのご招待などをお届けします。

メールアドレスは abc@example.jp の形式で入力してください

「介護・医療」に関する他の記事

「介護・医療」に関する相談Q&A

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.