menu

相続の専門家を検索

特別養護老人ホームと介護老人保健施設のどちらを選ぶ?

介護・医療 2015年10月13日 閲覧数:170

要介護者の中には、特別養護老人ホームと介護老人保健施設のどちらを選ぶかで悩んでいるという人も多いですが、特別養護老人ホームと介護老人保健施設では、性質が異なるために、家庭環境や要介護者の病状などと合わせて、どちらが最適なのかということを考えれば何の問題もありません。 今回は、特別養護老人ホームと介護老人保健施設の違いについて紹介し、どのような状況の際にどちらの方が合っているのかということについて紹介していきます。

特別養護老人ホームと介護老人保健施設の違い

特別養護老人ホームというのは、一般的に「老人ホーム」と呼ばれている介護施設になっていて、生活の拠点を移して、最期まで生活が出来る施設となっています。 もちろん、入所に際して年齢や要介護認定区分などの条件が設定されている場合も多くなっていますが、「息を引き取るまで生涯にわたって生活の面倒を見てくれる施設」が特別養護老人ホームとなっています。 それに対して、介護老人保健施設というのは、介護施設でありながらも、性質的には医療施設に近い特徴を持っています。 病気などを患い、長期的な入院となった際に、自宅に戻ってもリハビリや機能回復訓練などで、日常的な生活に支障があるという場合に、サポートしてくれる機関になっていて、介護老人保健施設では、入所者100人に対して1人以上の常勤医師が義務付けられています。 特別養護老人ホームでも、医師が常駐しているケースがもありますが、その多くは「非常勤」となっていることが多いので、常に医師がいてくれる介護老人保健施設のほうが、万が一の際にも安心して任せることが出来るということになります。 そして、看護師についても、特別養護老人ホームは3人以上という規定がありますが、介護老人保健施設の場合は10人以上という規定がありますので、医師と看護師が常駐している介護老人保健施設の方が医療を行うのに適しているということになります。

それぞれの施設に対して、どのような方が向いているのか?

特別養護老人ホームも介護老人保健施設も高齢者が日常生活を行うのに困難になったという際に利用される介護施設となっています。 そして、特別養護老人ホームの場合は「最期まで暮らす場所」となっているために、空き室が少ないのが現状です。 それに対して、介護老人保健施設の場合は「家庭への復帰を目指して訓練をする場所」となっているために、ある程度の回復が認められると自宅に戻るという流れになっています。 そのため、空き室があるケースが多くなっていて、常に人が流れるタイプになっているために、急ぎの場合でも部屋が見つかることが多いです。 どちらを選ぶのかということよりも、「要介護者の現状としてどちらの方が適しているのか?」ということに焦点を当てておけば、問題なく対応をすることが出来ると思われます。 介護老人保健施設の場合は、原則として入所期間が3ヶ月と定められているので、一時的に身を寄せる介護施設というような認識で問題ないでしょう。

この記事について
オール相続の最新情報をお届けします。

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

オール相続のメルマガに登録!

相続・資産に関するお得な情報や、限定セミナーのご招待などをお届けします。

メールアドレスは abc@example.jp の形式で入力してください

「介護・医療」に関する他の記事

「介護・医療」に関する相談Q&A

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.