menu

相続の専門家を検索

サービス付き高齢者向け住宅ってどんなところ?

介護・医療 2015年10月14日 閲覧数:111

高齢者に関する施設というのはとても増えています。施設の数が増えている面もありますが、サービス等を含めた種類も増えていることになります。その中のひとつにサービス付き高齢者向け住宅というものがあります。 このサービス付き高齢者向け住宅というのは簡単に言ってしまうと、高齢者が住みやすい賃貸となります。普通の賃貸と大きく変わらない面もありますが、高齢者にとって便利なサービスが付いているため、高齢者にとって便利で安心な住宅賃貸ということになります。

勘違いをしてしまうことが多いのが「介護」の面です。このサービス付き高齢者向け住宅において介護のサービスというのはあまり期待することはできません。というのも、この施設は介護度がそれほど重くない人、介護を必要としない自立した人向けの住宅であり、基本的には「自分のことは自分でする」ことが条件となります。それゆえに介護サービスを目的とするのであれば他の種類の施設を利用していったほうが良いでしょう。 サービスとして受けられる主なものとは生活に対するサービス、見守り等のサービスになります。

例えば、一人暮らしであると困るようなことが起こっても、サービス付き高齢者向け住宅であると、スタッフの人に相談をして解決していったり、サポートしてもらうことができるようになります。 一人暮らしは不安だが、介護を受けるまでもないという人にとって、とても便利な賃貸住宅になるというわけです。

サービス付き高齢者向け住宅は今注目されている施設形態のひとつでもあり、施設数も増えてきています。また民間の企業によって運営をされていることがほとんどなので、施設によってそのサービス、部屋の様子は大きく変わっていきます。 それゆえにしっかりとした施設選抜がとても大切であり、長期的に生活をする場として意識をして施設を選んでいくことが重要となります。

かつてわかりづらかった高齢者向け住宅を一本化

サービス付き高齢者向け住宅というのは、わかりづらかった高齢者向けの住宅サービスを一本化したサービスとなります。 聞いたことがある人も多いと思いますが、「高齢者円滑入居賃貸住宅」というものは「高齢者向け優良賃貸住宅」といったものを一本化したのか現在の高齢者向け住宅となります。 高齢者が社会でよりよくしっかりと生活をしていけるようにするための施設であり、健常な人も利用をしていける施設となります。

費用等は施設によって大きく変わっていきますが、サービスがついている分だけ高めに設定されていくことになります。(地域によって費用が大きく異なることもあるので、地域から選択していくことも時に必要です)費用の面で、老人ホーム等と迷ってしまうこともあるかもしれませんが、より自立した生活、しっかりとした生活を味わっていけるように・・・ということを意識するのであれば、サービス付き高齢者向け住宅の方がメリットは大きいと言えるでしょう。

ただ、認知症等がある場合、自立している場合でも、将来的なことを考えて施設を利用することができなくなる場合もあるでしょう。認知症がある場合には、施設側と話をして施設利用ができるのかどうかをしっかりと検討することをオススメします。

※認知症は予防できるもの、進行を防いでいけるものと考えられてきており、予防、進行の抑制をしていく上で日常生活はとても大切とされています。それゆえに日常生活を意識できるサービス付き高齢者向け住宅は良いと考えることもできますが、施設方針によって受け入れられないこともあると理解しておくことが大切です。ただ、施設側としては積極的に入所者を受け入れようとする姿勢であることが多いので、相談をしてみる価値は十分にあります。

この記事について
オール相続の最新情報をお届けします。

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

オール相続のメルマガに登録!

相続・資産に関するお得な情報や、限定セミナーのご招待などをお届けします。

メールアドレスは abc@example.jp の形式で入力してください

「介護・医療」に関する他の記事

「介護・医療」に関する相談Q&A

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.