menu

相続の専門家を検索

cam様の相続体験談:財産がどこにあるかわからない

相続トラブル 2015年11月25日 閲覧数:133

母が急に亡くなった

母親が亡くなってから相続をしたのですが、とても時間がかかってしまいました。

母親が亡くなったのは事故などではありませんでしたが、病気の症状が悪くなってから話をできる状態もほとんどなく、入院して3日ほどで亡くなってしまいました。
 

お金の管理は母に任せていた

父親は健在でありましたが、お金や財産の管理はすべて母親がやっていたので、お金や財産がどうなっているのか父親はほとんど知りませんでしたし、その件について母親から聞いていたことはほとんどないという有様でした。

ある程度のお金や財産があるのはわかっていましたが、その存在する場所がよくわからないということです。
それでも父親が断片的に聞いていたことや亡くなってからの金融機関からの連絡などによって徐々にはわかってきて、私たち遺族がそのたびに対応していましたが、お金や財産の状況がはっきりしたのは亡くなってからほぼ半年がたってからでした。

結局はほとんどのお金や財産は銀行や証券会社などにあったのですが、父親や私たちが聞いた覚えのないような会社もあり、戸惑うばかりでありました。
もしかしたら、わからないままのお金や財産もあるかもしれません。
急病や急死などは仕方がないことですが、後々のためにメモや文書を残しておくべきなのが自分の教訓にもなりました。

オール相続からのコメント

人はいつ亡くなるかわかりません。
自分がもしものときのために、相続に備えて、財産の一覧だけでも作っておくと良いでしょう。

 
この記事について
オール相続の最新情報をお届けします。

会員登録で弁護士・税理士などへ無料相談!

オール相続は、人の専門家が登録する日本最大級の「相続・終活」の情報ポータルサイトです。

会員登録で、マイページから士業への質問を投稿することができ、無料で回答してもらえます。

オール相続のメニュー

オール相続のメルマガに登録!

相続・資産に関するお得な情報や、限定セミナーのご招待などをお届けします。

メールアドレスは abc@example.jp の形式で入力してください

「相続トラブル」に関する他の記事

「相続トラブル」に関する相談Q&A

ページトップへ

Copyright © 2017 All Partners Inc. All Rights Reserved.