menu

相続の専門家を検索

土地の相続税評価額を路線価から計算する方法

相続税計算 2015年12月3日 閲覧数:562

相続税を計算する上で大事なものが各相続財産額です。
相続財産の評価額がわからないと、相続税額はわかりません。

その中でも、不動産の評価額はちょっと特殊ですので、気をつける必要があります。
もっとも、建物の場合やマンションの場合は固定資産納税通知書の評価額がそのまま評価額になります。
土地の評価額については路線価というものを基準にして行いますので、この記事ではこの路線価について解説します。

相続税のための評価額

土地の評価額には、通常売買のための評価額であったり、固定資産税の計算のための評価額であったり実はいろんな種類があります。
その中でも土地の価額といえば、売買を前提とした実勢価格が一番わかり易いですよね。

いくらで売れるかがポイントになりますから、近所でいくらで売れたのかなどの情報が気になるところですし、またそれを前提とした評価額ということになります。

固定資産税評価額は、あくまで固定資産税を計算するためですから、当該土地を購入した時の価格をベースに、さらに建物がたっているかなどの要素をくんで評価されます。
私達が評価するにはあまり参考にならないかもしれません

そして、相続税のための評価額(一般に相続税評価額といいます)は、相続税計算のために利用される評価額です。
これは、実勢価格だとすると、価格に差が付くので不公平になりますし、固定資産税評価額では、土地購入の価格も加味されますから、隣の土地との差が開くことがあります。そこで、公平の観点から考えだされたのが相続税評価額です。

同じ地域内での価額を計算するためにはその地域の全体的な平米単価をもとに計算したほうが公正公平でありますし、もし、角地や多少の変形があればその分を加味することで特殊性も評価できます。

ということで、この相続税評価額が法律上ベースとなって相続税の計算の前提となっているのです。
 

路線価とは

路線価とは、道路に面した土地の価格でして、毎年国税庁が発表しています。
路線価図

このように、路線価は地図上に1㎡あたりの金額が記載されたもので、地域ごとに国税庁のホームページに上のような地図の形式で表示されています。
http://www.rosenka.nta.go.jp/

ほぼ、全国の地図が掲載されていますので、こちらから調査したいところの路線価を調査してみてください。

土地の相続税評価額の計算について

上記路線価図を見るとある道路のところに4,600Aと書かれたところが中央あたりにあります。
この場合、1㎡あたり4,600千円ということでして、例えば、土地の広さが100㎡(約30坪強)だとすると、

路線価4,600千円×100㎡=460,000千円(4億6千万円)

という計算になります。
さすがに銀座は高いですね。30坪で4億6千万円ですから。
メインの通りは1㎡あたり1億8千万円になっています。1坪6億弱になります。
とても、一般人には手が出ないのがよくわかります。

なお、土地の評価額はその他にも細かい調整が入りますが、大まかな計算をするばあいには、この程度でもそれなりの計算結果が出ますので、概要把握としては十分です。

 
この記事について
オール相続の最新情報をお届けします。

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

オール相続のメルマガに登録!

相続・資産に関するお得な情報や、限定セミナーのご招待などをお届けします。

メールアドレスは abc@example.jp の形式で入力してください

「相続税計算」に関する他の記事

「相続税計算」に関する相談Q&A

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.