menu

相続の専門家を検索

贈与契約書の作り方(雛形付き)

生前贈与 2015年12月14日 閲覧数:1095

生前贈与を相続税対策に使う場合に必須なのが、贈与契約書です。この記事では、その作成方法についてお伝えします。

贈与契約とは何か

贈与契約書の作り方の前に贈与契約とは何かから説明します。

贈与契約は簡単に言うとプレゼントをするものです。対価がある場合には売買契約や交換契約ということになります。

口約束や、手渡しをするだけでも成立する契約とされています。

しかし生前贈与をするためには、税務署に指摘をされないように贈与契約書を作成することが通常です。

以下、贈与契約書の作成の方法について検討したいと思います。
 

贈与契約書の作り方の注意点

贈与契約書作成の注意点はそんなに多くはありません。

当事者・日付・贈与する物を明確にする

贈与契約書の内容としてはまず、その当事者(誰から誰に渡すのか?)日付(いつ)贈与する物(なにを)という事を意識しましょう。

当事者の記載は名前だけではなく住所と氏名もできる限り署名で、印鑑もなければ仕方ないですが実印で作成するのがよいでしょう。

日付についてはいつの日付なのかを確定させるために、公正証書ですることが望ましいでしょう。これにより過去のものにさかのぼって作ったと指摘されないために有効です。

物が不動産の場合には特に注意が必要です。物件の表示は不動産登記簿謄本と同じように記載しましょう。また200円の収入印紙と、登記のために贈与者の印鑑は実印が必要です。
 

贈与契約書の雛形

           贈 与 契 約 書
 
贈与者 相続 一郎 (甲)と受贈者 未来 花子(乙)との間で、下記の通り贈与契約を締結した。
 
第1条
甲はその所有する下記の財産を乙に贈与し、乙はこれを受贈した。
1.現金     金●●●●●円
2.土地
   所  在  ●●県●●市●●一丁目
   地  番  ●●番●●
   地  目  宅地
   地  積  ●●.●●㎡
3.建物
   所  在  ●●県●●市●●一丁目 ●●番地●●
   家屋番号  ●●●●番●●
   種  類  居宅
   構  造  木造瓦葺2階建
   床 面 積  1階 ●●.●●㎡
         2階 ●●.●●㎡
 
第2条
甲は当該財産を平成●●年●●月●●日までに乙に引き渡す。
 
上記契約の証として本契約書を作成し、甲、乙は一通ずつ保有する。
 
平成●●年●●月●●日
 
      (甲)  住 所 東京都●●区●●町1-2-3
           氏 名 相続 一郎           印
 
      (乙)  住 所 神奈川県●●市●●4-5-6
           氏 名 未来 花子           印
 
この記事について
オール相続の最新情報をお届けします。

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

オール相続のメルマガに登録!

相続・資産に関するお得な情報や、限定セミナーのご招待などをお届けします。

メールアドレスは abc@example.jp の形式で入力してください

「生前贈与」に関する他の記事

「生前贈与」に関する相談Q&A

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.