menu

相続の専門家を検索

遺言書を代筆する際の書き方のまとめ

遺言書 2015年12月30日 閲覧数:376
遺言を作成したいけれど、病気や怪我が原因で文字を書くことができない等の理由で、代筆をお願いしたい方もいらっしゃるでしょう。では、どのように代筆をお願いすればいいのでしょうか。
このページではその一般的な方法についてお伝えしたいと思います。

自筆証書遺言を代筆してもらうことはできない

遺言書の代筆について寄せられる質問で一番多いのが、自筆証書遺言書についてのものです。
たとえば、一部だけを自分で書いて、他は代筆ではいけないのでしょうか。財産目録は別途ワープロで打ったり、代筆をしたりして、肝心な部分だけ自筆すればいいのではないか。こういった質問は少なくありません。
しかし、自筆証書遺言は一言一句手で書かなければならないものです。代筆やワープロでの記載は認められていません。
仮に代筆すると遺言書が全部無効となってしまうので気をつけましょう。
 

秘密証書遺言は署名捺印さえできれば代筆してもらうこともできる

それでは、代筆での遺言書は作れないのかというと、そうではありません。
全文を書くのはできないが、署名くらいならなんとかできるというのであれば、秘密証書遺言にすることで代筆をしてもらうことが可能です。
秘密証書遺言は自筆証書遺言のように手書きでなくても良いため、ワープロ書きであっても良いのです。
ただし、署名も難しいというのであれば、別の方法に頼らざるを得ません。
 

急いでいない場合には公正証書遺言の作成を依頼しましょう

ただちに死亡の危急にあるという状況ではなく、上記2つの方法が難しい場合には遺言書は公正証書遺言で残すべきでしょう。

こちらは正確に言うと代筆ではなく、作成するのは公証人なのですが、事実上は代筆してもらうようなものです。
 

死亡の危急が迫っているような場合には代筆してもらうことができる

いままでにご紹介した3つの方式は通常の方式と呼ばれていますが、特別方式の遺言書として「死亡の危急に迫った者の遺言」があります。
この場合、完全に遺言書の作成をするためには、代筆をしてもらうことができます。

しかし、この方式はあくまで「特別方式」であり、遺言をする人の状態によっては遺言として認められないこともあることに注意が必要です。
専門家に相談して確実に作成するようにしましょう。
 

まとめ

遺言書を自分で作ろうと思うときには、代筆で作ってもらえるケースはきわめて限られています。
代筆が必要な人の場合には公正証書遺言を作成することを念頭に入れていただくことが一番です。

 
この記事について
オール相続の最新情報をお届けします。

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

オール相続のメルマガに登録!

相続・資産に関するお得な情報や、限定セミナーのご招待などをお届けします。

メールアドレスは abc@example.jp の形式で入力してください

「遺言書」に関する他の記事

「遺言書」に関する相談Q&A

  • 兄弟間の遺産相続について

    1週間前母親が他界しました。私たちは五人の兄弟で私は4女です。遺産は土地だけで5...

    遺言書 2016年5月31日 パラワンオオヒラタクワガタさん 回答数:1

  • 遺言状が破損した場合。

    いつもお世話になっています。 お知恵を拝借したいことが出てきました。 先日、...

    遺言書 2016年6月1日 とまとさん 回答数:1

  • 遺言書についての質問

    父親の名義である持ち家を遺言書で子供Xに譲渡されると書かれていたとします。子供...

    遺言書 2016年5月30日 のりべんとうアタッチメントさん 回答数:2

  • 遺言状の効力について

    いつもお世話になっております。 遺言状の効力についてお聞きしたいです。 遺産...

    遺言書 2016年6月1日 たかみさん 回答数:2

  • 遺言書についての疑問

    父親の名義である持ち家を遺言書で子供Xに譲渡されると書かれていたとします。子供...

    遺言書 2016年5月30日 のりべんとうΩさん 回答数:0

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.