menu

相続の専門家を検索

特別受益とは?わかりやすく解説

法定相続人 2016年1月3日 閲覧数:232

特別受益とは、複数の相続人がいる場合に、ある相続人が亡くなった人から生前贈与や遺贈を受けているときの利益をいいます。遺産相続にどのような影響を及ぼすのでしょうか?
 

特別受益とは

特別受益とは、複数の相続人がいる場合に、ある相続人が亡くなった人から生前贈与や遺贈を受けているときの利益をいいます。
たとえば、冒頭に採り上げたマンションの購入資金や、家を建てるための資金、結婚資金(持参金等。結婚式費用は当たらず)、事業開業のための資金などが、これに当たります。
 

特別受益が発生した場合の相続分の調整

特別受益が発生した場合、まずはその特別受益を計算し、これを遺産総額に組み込み計算をします。これを法律では「持ち戻し」と言います。
そのうえで、均等に分割し、また実際の遺産総額との調整を行ったうえで、相続分を決めていきます。
 

具体例:兄だけが開業資金を受けていた場合

たとえば、遺産の総額が3,000万で、相続人は子(兄弟)2人だとします。この場合相続分は2分の1ずつなので本来は1,500万ずつ相続するのが筋ですね。
しかし兄だけは生前に開業資金として500万円を贈与されていたとします。
 
【調整前】
  備考
遺産総額
3,000
1/2
1,500
1/2
1,500
 
特別受益
500
500   兄だけが開業資金をもらっていた
2,000 1,500 兄弟で500万円の不公平感
 
これを調整するために、特別受益の500万円を遺産総額に組み込み、遺産は3,500万円あったと計算します。
次にその場合で均等に分割します。すると1,750万円ずつとなります。
しかし現実の遺産は3,000万円までしかないわけですから調整が必要です。そこで生前贈与を受けた兄の相続分として計算された額から500万円を差し引きます。
これで、生前贈与を受けた兄は1,250万円、生前贈与を受けていない弟は1,750万円を相続することになって、ちょうど遺産額の3,000万円となり、かつ、生前贈与を受けた子と受けていない子で500万円の差を埋めることができました。
 
【調整後】
  備考
総額
3,500
1,750 1,750 3,000万円に500万円を足し、仮に均等に分ける
調整
-500
-500   特別受益分を兄から差し引く
1,250 1,750 3,000万円の遺産総額の分割額

 
このようにして法律上は特別受益が発生した場合の調整をしています。
 

特別受益分はどうやって決めるか

まずは当事者の話し合い

特別受益分は上記のように計算しますが、何を特別受益とみなすかは一つのポイントです。
まずは当事者間で、これだけの特別受益があっただろうということを話し合いで決めるのが最初の決め方です。

もちろんこの話し合いが上手くいけば、相続分を確定し遺産分割協議書を作成すればいいのですが、そうでない場合には次のステップでの解決をはかります。
 

遺産分割協議の調停・審判・裁判

特別受益分は遺産分割協議の一環ですので、話し合いがうまくいかない場合にはまずは遺産分割協議の調停を利用することになります。
調停とは裁判所で調停委員という家族関係の専門家が間に立って当事者の言い分を聞き、譲歩案を出してくれる場です。そこで納得いかない場合には、次は家庭裁判所が結論を出してくれる拘束力が少し強い審判という手続きを利用します。
そこでも合意ができなかった場合には裁判手続きでの解決になります。
 

まとめ

誰かに特別受益が発生する場合には「あなたは得をしているのだからこの相続では譲歩してください」という意思表示をしなければならなくなります。
当事者間でこれを面と向かってするのは感情のもつれがからまる対立になりかねませんので専門家を交えた話し合いをすることが得策でしょう。

この記事について
オール相続の最新情報をお届けします。

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

オール相続のメルマガに登録!

相続・資産に関するお得な情報や、限定セミナーのご招待などをお届けします。

メールアドレスは abc@example.jp の形式で入力してください

「法定相続人」に関する他の記事

「法定相続人」に関する相談Q&A

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.