menu

相続の専門家を検索

芸人前田けゑ約15億円を相続

遺産相続の準備 2016年1月9日 閲覧数:629
「カスタネット芸人」の名を持つ前田けゑさんを、最近になって知った、という人は少なくないのではないでしょうか。芸人としては全くといっていいほど無名だった彼が一躍名を知られるようになった理由は、「祖母の友人の養子になった結果、15億の遺産を相続した」というエピソードがバラエティ番組などで取り上げられたためです。
本当に夢のような話ですが、その裏にはどのような経緯があったのでしょうか。

話は突然に持ちかけられた

大阪から上京したあと、東京で鳴かず飛ばずの芸人生活を送っていた前田さんのもとに、実の祖母から「会ってほしい人がいる」と連絡があったのが、ことの始まりです。

前田さんは、面識のない祖母の友人と3人で会食をすることに。元々おばあちゃんっ子だった前田さんはすぐに祖母の友人とも打ち解けることができ、それ以降、年に数回3人で食事をするようになります。そして、何度目かの会食の時、身寄りのない祖母の友人から、「自分の養子になってほしい」と持ちかけられることとなったのです。

彼女から相談を受けていた祖母からもぜひにと頼まれ、「90歳前のおばあちゃん2人に真剣に」頼まれてしまった前田氏は、四人兄弟の三男という立場もあり、この話を二つ返事で承諾。そのまま、両親にも相談することなく、区役所に養子縁組みの届けを出したのです。
 

相続、そして税金地獄へ

介護と事業のサポートをするように

養子になった前田氏は、週に3日程のペースで名古屋に住む養母の元へ通う生活を始めます。その後養母の体調が悪化してからの7年ほどは、彼女を献身的に介護する生活を送りました。そのようにして養母と接する内に彼女が相当な資産家だと知った前田氏は、介護の傍らで経営の勉強をしながら、彼女の手掛ける事業のサポートを始めたのです。
 

そして相続が発生

2012年に養母が他界し、彼は彼女の遺産を相続することとなります。某駅前の1,000坪超の土地に加え、マンションやビル、4つの駐車場など、結果的に相続した遺産の価値は約15億円にも上りました。事業のサポートをしていたとはいえ、前田氏は彼女が亡くなるまで正確な資産額を知らず、あまりの額に驚愕してしまったといいます。
 

相続税は約5億円

…と、ここまでなら夢のようなストーリーなのですが、そこからが大変だったそう。何が大変かというと、「税金」です。15億円の養母の遺産に対してかけられた相続税の額は約5億円だと伝えられています。

なお、財産金額が15億円で相続人が1人の場合の相続税額は7億3,320万円です。
前田さんの場合は土地や建物の不動産を相続しているので、不動産の評価額が少し低くなることで相続税も少なくなったと推測されます。

相続税は現金で一括して納付しなければなりません。
それまで貯金が10万円程度しかなかった前田氏は、遺産も現金ではなかったため、とても払えませんでした。
 

税金を払ったらまた税金

土地を売却して相続税を払った

相続税はとても払える金額ではないが、延滞すれば1日に2万円以上の延滞税がついてしまう、と前田さんは語っています。
そんなどうしようもない状況の中、前田さんは専門家に相談の上、相続した土地の一角を売却してお金を工面することにします。大手不動産会社から、店子が入っているビルの土地を更地でなら購入すると申し出があったため、近くの土地に新たにビルを建て店子に交渉して移転してもらい、土地を売却しました。
 

土地を売却したことで今度は所得税がかかった

しかし、売却したお金で税金を支払い安堵していたところに、税金を工面するために売った土地の売却益に対する所得税6,800万円をさらに請求され、再び愕然とすることになったのだといいます。

土地を売却すると、その売却益に20%の税金がかかります。
ですので、前田さんは土地の売却で3億4,000万円の利益を得ていたことになります。
実際の売却金額は相続税の支払いに充てるためと、この所得税の支払いと、その他土地の立ち退き料の支払いなどもありますので、6億~7億円近い金額で土地を売ったと推測されます。
 

相続税対策は念入りに

前田さんの現在の収入は、芸人としては年間で数万円、受け継いだ不動産を含めた不動産からの収入が月に350万円、経営するバーからの収入が月150万円ほどもあるそうです。

前田さんはこの事件のあと遺産相続について勉強し、「自分はまだ若いが、これから相続税対策をしなければならない」と語っています。また、「遺産があるひとは相続をする人に生前に伝えておく方がいい」と強く訴えています。
 

まとめ

相続税の支払いは、相続開始から10カ月間が勝負となります。前田けゑさんのような事態に陥ったときに、思うように迅速に資産の売却ができるかどうかわかりません。延納(分割払い)では利子がかかりますし、最終的に物納となったとしても、測量などで時間やお金がかかります。

もしあなたが彼の養母の立場に立ったなら、延納や物納に頼らなくて済む資産対策と、生前に、相続の対象者に詳細を明かしておく配慮が必要ですね。
この記事について
オール相続の最新情報をお届けします。

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

オール相続のメルマガに登録!

相続・資産に関するお得な情報や、限定セミナーのご招待などをお届けします。

メールアドレスは abc@example.jp の形式で入力してください

「遺産相続の準備」に関する他の記事

「遺産相続の準備」に関する相談Q&A

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.