menu

相続の専門家を検索

ミステリー界における犬神家の遺産

ニュース・コラム 2016年5月13日 閲覧数:159

ミステリー小説のジャンルでは、遺産相続のことが盛り込まれている話に頻繁に出会います。中でも作品の質、人気を合わせ、国内の作品でその筆頭に挙げられるのが、横溝正史の代表作であり、繰り返し映画やテレビドラマ化もされている『犬神家の一族』です。

犬神家の遺産をめぐる物語

多額の財産を残して他界した大物

「犬神家の一族」は1950年1月から1年半にわたって雑誌に連載された作品です。
戦後間もない昭和20年代前半、那須湖畔の本宅で信州財界の大物・犬神佐兵衛が莫大な遺産を残して他界しました。
佐兵衛は生涯に渡って正妻を持たず、それぞれ母親の違う娘が3人、婿養子をとり、さらにそれぞれに息子が1人ずついましたが、お互いが反目し合っていました。

遺言状「珠世に全てをわたす!」

佐兵衛の遺言状は、弁護士によって探偵・金田一耕助の立ち会いのもとに公開されることになります。そこに書かれてあったのは「全相続権を示す犬神家の家宝“斧(よき)・琴(こと)・菊(きく)”の三つを、野々宮珠世(佐兵衛の終世の恩人たる野々宮大弐の唯一の血縁、大弐の孫娘)に与えるが、珠世は佐清、佐武、佐智の佐兵衛の3人の孫息子の中から、配偶者を選ぶものとする」という内容でした。

連続殺人の幕開け

この遺言状によって3姉妹の仲はますます険悪となり、息子たちの間で珠世の愛を勝ち取るための争いが始まります。そのさなか、佐武が生首を「菊」人形として飾られて惨殺されるという事件が発生。犬神家の連続殺人の幕が開くのです。
 

映画化でさらに有名に

この作品を有名にしたのが、1976年に角川映画の記念すべき第1回作品として作られた映画です。名匠・市川崑監督がメガホンをとり、人気俳優・石坂浩二が主役の探偵・金田一耕助を演じました。
市川監督は、原作の持つ怪しい魅力を見事にビジュアル化。本と映画を連携させた大規模な宣伝も功を奏し、当時、一世を風靡しました。
 

ミステリー小説としての価値

横溝正史の名を高める

さまざまな因縁の絡み合い、複雑怪奇な人間関係、日本的な湿った暗い情念、遺言状に残された謎めいた暗号のような言葉、それを使った見立て殺人、巧妙なトリック…道具立ての一つ一つが不気味な魅力にあふれています。
それらから構築される独特の世界観は、作家・横溝正史の名を不動のものにし、日本のミステリー小説の古典の一つとして認められるようにもなりました。
 

「遺産相続もの」の誕生

もうひとつ、遺産相続・遺言というものを作品世界のど真ん中に据えた初めてのミステリー小説としての価値も大きいでしょう。
この作品をお手本にその後、次々と遺産・遺言状をテーマにした作品が書かれ、ミステリーの中でも「遺産相続もの」という一つのカテゴリーまで生まれました。
 

まとめ

遺産をめぐる人間ドラマの要素のすべてが詰まった「犬神家の一族」。この作品自体が、日本のミステリー界の大きな遺産になったと言っても過言ではないでしょう。
 

この記事について
オール相続の最新情報をお届けします。

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

オール相続のメルマガに登録!

相続・資産に関するお得な情報や、限定セミナーのご招待などをお届けします。

メールアドレスは abc@example.jp の形式で入力してください

「ニュース・コラム」に関する他の記事

「ニュース・コラム」に関する相談Q&A

条件に該当する相談はありませんでした。

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.