menu

相続の専門家を検索

常識知らずと言われたくない!恥をかかないお見舞金の相場とマナー

マネー 2016年5月10日 閲覧数:153

お見舞金は突然に必要となることが多く、いざ準備しようとしてふと戸惑ったりします。

ひんぱんにお見舞金を渡すシーンがあるわけではありませんが、一応の基準を知っておかないと社会常識を疑われそうですよね。

そもそもどのような時にお見舞いを渡すべきなのか、気になります。

ここでは覚えておいて損しない、一般的なお見舞いの相場や贈る際のマナーについてお伝えしていきましょう。

お見舞金は「大変ですね」という気持ちをこめておくるもの

不幸や災難があった場合に、「大変ですね」という気持ちを込めて贈るのがお見舞金です。災害に見舞われた人に対し、お互いに助け合って生きる社会性の象徴ともいえるものでしょう。

お見舞金の種類には災害見舞いと病気見舞いがある

個人的な関わりで考えられるのは、火事などでの「災害見舞い」か、手術・ケガ・入院などへの「病気見舞い」です。

お見舞いの袋には「のし無し」の「結びきり」を使う

裸のお札を差し出す人はいないでしょうが、お見舞い用の封筒についてはあまり知られていないようです。お見舞いには「のし無し」の「結びきり」を使います。

「熨斗(のし)」には“お喜びが長く続く”ようにとの意味があります。また、蝶結びは何度でも喜びをくり返せるように、結び直しができることを表しています。

「のし付き・蝶結び」はお祝い事にのみ使用する袋であって、お見舞いにはふさわしくありません。

とはいえ、もちろん不祝儀袋はNGです。手元になければ、白い上質紙の無地封筒でも良いでしょう。

個人的なお見舞い金を渡すかどうかは相手との関係性で決める

個人的なお見舞金は、相手との関係性によって考えれば良いでしょう。あまり親しくない相手から頂いて、負担に思う人もいます。

家族や親せき、ごく親しい友人・知人、ご近所などまでが個人でお見舞いする範囲として考えられます。

仕事関係のお見舞金を渡すかは周囲と相談して決める

仕事関連では、個人か会社のどちらで出すのかを周囲と相談しておくと、トラブルになりません。

職場内では、グループ単位でまとめると良さそうです。

お見舞金を渡す場合にはタイミングも考える

災害に見舞われた時には、お金よりも先に物品が必要な場合もあります。生活が落ち着いた頃に、お見舞金を贈る気配りが大切です。

病気見舞いも病状によっては、病室を訪ねるのは控えた方が良いこともあります。本人の容態が落ち着いてからか、家族に手渡すのが常識です。

お見舞金の相場っていくらくらい?

災害時には目上に対して現金でも失礼にならない

「目上の方に対してこんな少額は失礼?」と考える人もあるかもしれません。が、危急の場合には、例えわずかでもありがたく感じるものです。

生活の再建に役立ててもらうという意味を込めて、無理のない範囲で贈りましょう。家屋や日常品を失っている場合には、何か必要なものがないかを尋ねて、一緒に贈るのも喜ばれます。

入院見舞いについては、上司に現金は失礼という見方もあります。

ギフトカードや商品券、本好きなことを知っているのであれば、図書カードも喜ばれます。

儀礼的ではなく、本当に役立つものが何かを考えれば、相手にとって邪魔にはなりません

当事者との関係と見舞金相場

関係

災害見舞

病気見舞

親・兄弟

2~3万円

5,000円~1万円

友人・知人

5,000円~1万円

3,000~5,000円

仕事関係

5,000円

3,000円(数人で集める場合)

ご近所

5,000円

3,000円

 

タブーの数字は使わない

気は心、と良くいいますがお見舞金に使ってはいけない数字もあります。日本では「4、6、9」はお金を贈る際に入れてはいけない数となっています。

“4は死”、“6は無”、“9は苦”につながり、縁起が悪いとされています。

自分自身は迷信じみていて気にしない、という人でも贈られる相手あってのお見舞金。

気持ちが沈んでいたり、ナーバスになっていることに気を配る必要があります。

個人ではわざわざこれらの数字を使うことはないとしても、有志で集めた金額がたまたまそのような数でそろってしまうこともあります。最終チェックを忘れないようにしてください。

お見舞金を渡す際の注意点

タイミングに気をつける

災害見舞いでも病気見舞いでも、相手の都合を第一に優先することは当然です。災害直後の意気消沈しているところに押しかけても、かけることばに困るだけです。

よほど関係が深くない限りは様子を見計らって、落ち着いた頃に伺うようにしましょう。

入院見舞いの面会時間は短時間で切り上げるのがマナーです。そのため見舞金は、あいさつの直後に渡して構いません。「お見舞いのお品の代わりに」などひとこと添えると、スマートです。

訪問の際は必ず事前に連絡を入れて、状況を確認しましょう。相手方の状態によっては、より近しい人にことづけたり、郵送の方が良い場合もあります。

負担を感じさせず細かい心遣いを

封筒の表書きとして災害見舞いは、「御見舞」が一般的です。病気見舞いは、他に「祈御回復」でも良いでしょう。

また、目上の方には「御伺」という書き方もあります。表書きについては、立場や状況によって選択をしてください。

金額は関係性によって、前述の相場を参考にすると良いでしょう。あまりに高額過ぎると相手方が負担に感じます。親類関係であれば、他の家とのバランスも必要です。

まとめ

お見舞いするということは、心が弱っている相手に対する心遣いが前提となります。

せっかく渡したお見舞い金に対し、相手が感情を乱すことのないよう、きちんとマナーを守って贈ってあげてください。

この記事について
オール相続の最新情報をお届けします。

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

オール相続のメルマガに登録!

相続・資産に関するお得な情報や、限定セミナーのご招待などをお届けします。

メールアドレスは abc@example.jp の形式で入力してください

「マネー」に関する他の記事

「マネー」に関する相談Q&A

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.