menu

相続の専門家を検索

地震保険の仕組みを徹底解説! 必要な保険の選び方

地震保険の制度と仕組みを解説します(こんなときに支払われる地震保険)

土地活用・賃貸経営 地震保険,必要 2016年5月12日 閲覧数:180

 

日本は地震国。いつ・どこで遭遇するか分かりません。平成28年4月14日に発生し熊本地震は、未だに活発な地震活動が続いています。ここ近年振り返ってみても、阪神淡路大震災(平成7年1月17日)、十勝沖地震(平成15年9月26日)、新潟県中越地震(平成16年10月23日)、東日本大震災(平成23年3月11日)と巨大地震が発生していて、想定を越える甚大な被害が出ています。

多くの方は、巨大地震の発生に備えて、日頃より自宅建物の耐震化や家具などの転倒防止を施したり、非常持ち出し品や飲料水・保存食を準備していることと思います。

しかし、いくらこれら補強や準備しておいても自宅が被災してしまったら、その後の生活を再建させることは大変になります。

そこで、巨大地震の発生の度に、いざという時の備えとして「地震保険」見直されています。今回は、この地震保険について解説します。

地震保険のはじまりは新潟地震から

地震保険は、昭和39年に発生した新潟地震を契機に、被災者の生活安定を目的とした保険が必要とのことで、昭和41年「地震保険に関する法律」が制定され地震保険制度が始まりましました。

地震の発生は予測が難しく、しかも巨大地震が発生すると、巨額な被害が発生することもあります。そのため、支払う保険金が一定額を超えた場合、民間保険会社だけでなく、政府が保険金の支払いを一部負担する仕組みを取っています(これを再保険制度と言います)。

このように地震保険は、法律に基づいた政府主導の公共性の高い保険です。地震保険制度が発足した後は、補償内容の充実や拡大が行われています。

地震保険の概要

地震保険の主な内容は次のようになります。

  • 地震保険は地震・火山噴火またはこれらによる津波を原因とする火災・損壊・埋没または流失による損害を補償する地震災害専用の保険
  • 地震保険の対象は居住用の建物と家財
  • 火災保険では地震を原因とする火災による損害や地震により延焼・ 拡大した損害は補償されません
  • 地震保険は火災保険に付帯する契約で火災保険への加入が前提の保険(地震保険は火災保険とセットで契約)
  • 地震保険は地震等による被災者の生活安定に寄与する目的なので民間保険会社が追う補償の一定額以上の巨大地震の損害を政府が再保険

こんなときに使える、地震保険の補償内容

・地震により火災(延焼を含む)が発生し家が焼失した

・地震により家が倒壊した

・火山の噴火により家が破損した

・津波により家が流された

・地震による土砂崩れで家が埋没した

・地震による液状化現象で家が傾いた

地震保険の補償範囲はどこまで

・居住に必要な建物と家財

但し、次のものは対象外となります

  工場、事務所専用の建物など住居として使用されない建物

  1個または1組の価額が30万円を超える貴金属・宝石・骨とう、通貨、有価証券(小切手、株券、商品券など)、預貯金証書、印紙、切手、自動車など

・火災保険の保険金額の30%~50%の範囲内で地震保険の保険支払い金額を設定することができます(但し、建物は5,000万円、家財は1,000万円が限度です)

地震保険でいくら支払われるのか?

地震保険は、保険の対象となる建物または家財が全損、半損、一部損となったときに保険金が支払われます。

損害の区分け

全損 契約金額の100% (時価が限度)
半損 契約金額の50% (時価の50%が限度
一部損 契約金額の5% (時価の5%が限度)

 

全損・半損・一部損の基準

 <建物の場合>

全損 地震等により損害を受け主要構造部(土台、柱、壁、屋根等)の損害額が、時価の50%以上となる損害、または焼失もしくは流失した部分の床面積がその建物の延床面積の70%以上となる損害
半損 地震等により損害を受け主要構造部(土台、柱、壁、屋根等)の損害額が、時価の20%以上50%未満となる損害、または焼失もしくは流失した部分の床面積がその建物の延床面積の20%以上70%未満でとなる損害
一部損 地震等により損害を受け主要構造部(土台、柱、壁、屋根等)の損害額が、時価の3%以上20%未満となる損害、または建物が床上浸水もしくは地盤面より45cmをこえる浸水を受け損害が生じた場合で全損・半損に至らないとき

 

 <家財の場合>

全損 地震等により損害を受け損害額がその家財の時価の80%以上となる損害
半損 地震等により損害を受け損害額がその家財の時価の30%以上80%未満となる損害
一部損 地震等により損害を受け損害額がその家財の時価の10%以上30%未満となる損害

 

地震保険で保険金がでない場合

以下の場合には保険金が支払われません。ご注意ください。

・故意もしくは重大な過失または法令違反による損害

地震の発生日から10日以上経過後に生じた損害

・戦争、内乱などによる損害

・地震等の際の紛失や盗難の場合

まとめ

 いつどこで起きるか分からない地震。万が一の備えとして生活再建のために、地震保険を今一度検討してみてください。

 

この記事について
オール相続の最新情報をお届けします。

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

オール相続のメルマガに登録!

相続・資産に関するお得な情報や、限定セミナーのご招待などをお届けします。

メールアドレスは abc@example.jp の形式で入力してください

「土地活用・賃貸経営」に関する他の記事

「土地活用・賃貸経営」に関する相談Q&A

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.