menu

相続の専門家を検索

電力自由化で得をするための4つのポイント

マネー 2016年5月16日 閲覧数:69

最近、「電力自由化」という言葉を聞く機会が増えました。電力自由化とはどういうことでしょう。電力自由化で電気料金はどうなるのでしょう。ここでは電力自由化について解説します。

電力自由化とは

これまで電気は、地域の電力会社(東京電力、関西電力など)からしか購入できませんでした。しかし、2016年4月より電力自由化により様々な会社から電気を買うことが出来るようになりました。

どんな新電力から電気を買える?

従来の地域の電力会社に対して、新しく電気の販売を始めた会社を、新電力と呼びます。新電力には様々な会社が有り、全国で100社以上の新電力があります。主な新電力には、東京ガス、大阪ガス、auでんき、ソフトバンクでんき、ENEOSでんきなどがあり、様々な料金プランを提供しています。新電力はサービスを提供する地域が決まっており、日本中どこでも100社以上の新電力と契約できるわけではありません。

送配電は従来の電力会社が行う

新電力が販売する電気は、従来からある地域の電力会社の送電網で送電されます。

メーターの取り替えが必要

新電力と契約するには、電気メーターを「スマートメーター」と呼ばれる新しいタイプの電気メーターに交換しなければなりません。交換作業は従来の電力会社が行い、費用もかかりません。メーター交換の手続きも新電力が行ってくれます。

■<電力自由化の3つの疑問>

マンションは無理?

マンションでも電気契約は通常一戸ごとの契約で、特殊な場合を除き、マンションでも新電力を利用できます。ただ、新電力を利用するには電気メーターの交換が必要ですので、マンションの管理組合に問い合わせてみてください。

賃貸は?

賃貸でも新電力を利用できます。電気メーターをスマートメーターに交換する必要がありますが、メーターは大家さんのものではなく、従来の電力会社の物です。また、将来的に現在の電気メーターは全てスマートメーターに交換される予定です。電気メーターを交換する旨をひとこと大家さんに伝えれば問題ないでしょう。

停電したりしないの?

新電力が販売する電気は、従来の送電網を使って送電されるため、従来の電力会社の電気と混じって送電されます。このため、新電力に変えたからといって停電しやすくなるということはありません。台風などで停電した際も、送電網は従来の電力会社が復旧工事を行います。

電力会社を選ぶ

地域によって、選べる新電力は違いますが、それぞれの新電力が様々な電気料金プランやサービスを提供しています。自分が住んでいる地域で選べる新電力はインターネットなどで簡単に調べることが出来ますので、どんな新電力が選べるのか確認してみてください。

電力自由化で得をするための4つのポイント

電力自由化で最も気になるのが電気料金です。新電力にすれば電気代が安くなる場合が多いのですが、従来の電力会社も4月から新しい料金プランを設定したり新しいサービスを提供したりしています。どの電力会社と契約すればいいのか、どういったプランを選べばいいのか、電力自由化で得をするための4つのポイントを解説します。

セット割り引きを利用する

携帯電話や、ガスの利用などとセットにすることで割引をしている新電力があります。

auでんきは、auの携帯電話利用(スマートフォン)とセットにすることで、ソフトバンクでんきはソフトバンクの携帯電話(スマートフォン)、インターネットのプロバイダーをセットにすることで電気料金や携帯電話(スマートフォン)の料金を割引しています(auでんきは、au WALLETポイントでの還元)。東京電力は、ガスの契約とセットで割引をしています。

ポイント還元を利用する

新電力だけでなく、従来の電力会社も電気の利用に応じてポイントがたまるプランを提供しています。電力会社によって違いますが、ポイントはTポイントや、ドコモポイント、楽天ポイントといった共通ポイントと交換できる様になっています。

ライフスタイルにあった料金プランを利用する

電気会社によって様々なプランが設定されていますが、そのひとつに時間帯によって料金が変わるものがあります。昼間は留守で、夜間だけ電気を使うという家庭では夜間の電気料金が安いプランを選んだり、一日中家にいるという家庭では時間に関係なく終日一律の電気料金プランを選んだりするといいでしょう。

見える化サービスを活用する

スマートメーターの特徴に30分ごとの電気使用量が分かるというものがあります。30分ごとの電気使用量や、時間毎の電気使用量、1日の電気使用量などを契約している家庭のパソコンやスマートフォンで確認出来るのが見える化サービスです。ほとんどの新電力が導入しているので、日々の電気使用量や電気料金の確認ができ、電気の節約に活用出来ます。

まとめ

電力自由化で様々な新電力が電力業界に参入しています。料金プラン、サービスも様々です。

まずは自分の住んでいる地域で契約できる新電力を調べ、料金プランやポイント還元サービスなどを、従来の電力会社の料金プランやサービスと比較してみましょう。従来の電力会社も4月から新プランや、ポイントサービスを提供しているので、従来の電力会社の方がお得ということもあります。

しっかり検討して、お得な電気を選びましょう。

この記事について
オール相続の最新情報をお届けします。

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

オール相続のメルマガに登録!

相続・資産に関するお得な情報や、限定セミナーのご招待などをお届けします。

メールアドレスは abc@example.jp の形式で入力してください

「マネー」に関する他の記事

「マネー」に関する相談Q&A

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.