menu

相続の専門家を検索

今話題の高級老人ホーム。驚きのサービスの数々と費用面をご紹介します!

土地活用・賃貸経営 2016年5月16日 閲覧数:227

人は年齢を重ねれば、介護や医療従事者の方々に普段の生活をサポートしてもらう機会も多くなります。その中でもよく知られているサービスが老人ホームです。「リッチ・優雅に過ごす」という視点にこだわって、最高のサービスを提供してくれる「高級老人ホーム」。実際はどんなサービスがあり、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回はそんな「高級老人ホーム」についてご紹介します。

高級老人ホームってどんな所?

日本はどんな業界でも大抵サービスの質が良く、細い所にまで手が届くようなシステムとなっています。それは一般の老人ホームでも一緒ですが、いわゆる「高級老人ホーム」は普段のサービスから豪華です。入口から一流のホテルのような佇まいになっている所も多く、食事や種類が多い娯楽施設・バスツアー・手厚い医療・身の周りのサポート等の万全で最高のサービスを受ける事が可能です。安心感と楽しみ・豊富なサービスと刺激を毎日受け取れる事ができる場所が高級老人ホームなのです。

 

高級老人ホームに掛かる費用は?

そんなリッチな環境が用意されている高級老人ホームですが、やはりそのサービスの質に応じてそれなりの費用がかかります。1千万単位のお金がかかる所も多く、中には1億円単位の費用が必要なケースもあるようです。その一例を挙げてみます。

ケース1.入居一時金550万~3500万円程度 月額利用料20万~40万円程度

1つ目の費用パターンは上記のような範囲の物となります。入居金や月額利用料の値段は一般的な価値観で言えばやはり高額です。しかしこれでも「高級老人ホーム」の類の中で言えばまだ安めと言えるでしょう。ただ、入居一時金は全体的に低い金額なのは確かですがその分、月額利用料が少々高く付く傾向にあるようです。

その他、細い所を言えば介護保険サービス料・生活支援サービス料・消耗品代などは自己負担となる所も多いようです。このように値段が安めの場所でも細い料金までしっかりと見て、月額にどれぐらい費用が掛かるかを把握しておく必要があるでしょう。

ケース2.入居一時金4000万~8000万円程度 月額利用料14万~25万程度

2つ目の費用パターンは上記と比べて大きく値段が上がります。値段に応じてサービスの質はもちろん上がりますが、特にその中でも介護や医療体制の質が優れていると言えるでしょう。看護師や医師がいつでも駐在しているので、「何となく体調に違和感を感じるな?」と思っている段階でもすぐに体を診察してもらう事が出来るのです。

その他にもクリニックを併設していたり、職員・介護職員人数の割合が入居者人数に比べて高いなどの特徴があります。このような人数配置・併設施設により濃いサービスを受け取る事ができ、より安心して充実した生活を送れるようになるのです。

ケース3.入居一時金1億円以上 月額利用料25万~

3つ目は大台に乗った1億円以上のパターンです。ここまで来ると更にサービスの数が増えて、足りない物は無いのではないかというぐらい贅沢出来るでしょう。医療・食・住環境・含め個々人に合わせたプラン提供を行う事も十分可能になります。また、定期的なイベントや集い・専門業者の出張サービスも行う等、娯楽関係の方も最大限の配慮が行われます。

このクラスの老人ホームは敷地自体が広い事も多く、散歩や外で食事を行う際にも情緒的な物を感じ取る事も出来るのです。これらに加えて万全なセキュリティが加わり思う存分、最高級のサービスを満喫する事が可能になるでしょう。

 

実際はどんなサービスが提供されている?

①食事メニューが幅広く旬の味も味わえる

食事面においてはメニューが多く30~40種類用意されている所も珍しくありません。そのメニューの中には和食・洋食・中華・日替わりメニュー等、入居者を飽きさせない豊富さです。また、外部から家族や友人が来訪した場合はパーティ料理なども用意してくれ、心置きなく周囲の人と楽しむ事が出来ます。

その他ホーム内の栄養士や医師と連携して、その時の体調に合わせた食事・特定の疾患に向けた治療食なども配慮してくれるので、安心して食事に取り組む事が出来るのです。

②各業界の「一流」を招集して行われる豊富なイベントの数々

高級老人ホームは娯楽面のサービスも充実しています。例えばピアノオペラ、楽器などを用いた演奏会・新年会・桜の観賞会・ディズニーツアー・大相撲観戦ツアーなどその範囲は多岐に渡ります。

また、ホーム内で行われる講座内も水彩・絵手紙・刺繍・書道・エクササイズなど種類も多く自分に合った楽しみを日常的に味わう事が出来るのです。

 

③入居者個々人に向けた、総合的なサポート・サービス

基本的な入居内のサービス以外に入居者の疑問点や生活をサポートする、総合的なサービスがついている事も大きな魅力です。特に老人ホームに入居したての際は新しい環境や集合住宅という事で戸惑ったり馴染みにくいといった事が出る時もあると思います。そんな時に総合サポートの職員が周りの人々との橋渡しをしたり、施設内の器具やサービスの利用法などを詳しく教えてくれるのです。

そしてホーム内の生活に慣れた後も総合サポートに個人的な要望を出す事も可能で、各部署との連携を取りながら上手く調整を行ってくれるサービスが受けられます。

④医療・介護方面の手厚い体制

費用の面でも少々説明が入りましたが高級老人ホームは365日24時間、医師や看護師が駐在しているケースが多く見られます。中には病院と提携している所もあり、普段から健康診断や日常生活上の悩みを定期的に受けられます。場所によっては入居前に事前相談しておく事でインスリン・酸素療法など、やや特殊なケアが必要な人でも対応してくれる老人ホームも存在します。

 

まとめ

高級老人ホームについてのまとめ記事、いかがでしたか?「高級」と名が付くだけあって様々な所で充実したサービスが受けられますね。食事・住環境・医療と福祉サービス、どれを取っても万全の対応が成されており安心して老後の生活が送れるでしょう。費用面の負担は大きいですが、それに応じた見返りも十分受けられるのではないでしょうか。金銭的に余裕がある人は老後の生活に向けて、高級老人ホームという方法も一つの手ですよ。

 

 

この記事について
オール相続の最新情報をお届けします。

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

オール相続のメルマガに登録!

相続・資産に関するお得な情報や、限定セミナーのご招待などをお届けします。

メールアドレスは abc@example.jp の形式で入力してください

「土地活用・賃貸経営」に関する他の記事

「土地活用・賃貸経営」に関する相談Q&A

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.