menu

相続の専門家を検索

扶養内で働きたい人必見!知っておきたい「130万円の壁」

マネー 2016年5月20日 閲覧数:251

扶養内でパートで働こうかな?と考えたら、一度は耳にする「130万円の壁」。あなたはきちんと正確に理解していますか?働く前におさらいしてから、新しい毎日をスタートしましょう。ポイントを簡単にまとめてみました。

「扶養内」とは?

「扶養内」とは、正確に言うと「扶養控除内」といいます。税法で決められている「扶養控除」や「配偶者控除」の枠に収まるよう、収入を調整しながら働くことを指します。

これには大きく2つのラインが存在します。それは「103万円の壁」と「130万円の壁」です。前者は「配偶者控除」を、サラリーマンの夫が受けるためのラインですが、今回は後者の「130万円」について解説します。

「130万円の壁」=「夫の社会保険の扶養内で働く」

端的に解説しますと、年収130万円を超えてしまうと夫の扶養から外れてしまい、自分で健康保険・国民年金(2つをまとめて社会保険と呼びます)に加入しなくてはならなくなってしまいます。そのボーダーラインが年収130万円以下ということですので、「130万円の壁」と呼ばれています。

詳しく解説しますと、厚生年金加入の第2号被保険者の夫を持つ、年収130万円以下の妻のことを第3号被保険者と呼びます。しかし、年収が130万円を超えてしまうとこの第3号被保険者ではなくなってしまうのです(=扶養から外れる)。

社会保険料の自己負担額の目安は、収入の約15%近くです。なかなか大きな負担額ですね。せめて勤務先で健康保険や厚生年金に加入することができればまだいいですが、その準備がない場合は自分自身で国民健康保険と国民年金に加入する必要が出てきます。そうなると、負担額はさらに増えると予想されます。

  • 「103万円の壁」→所得税の負担
  • 「130万円の壁」→所得税+社会保険(健康保険・年金)の負担

ということになります。

どうしてそんなに「130万円の壁」を意識しなくてはならないのか?

税金について、たとえ扶養範囲の収入額ラインを超えてしまっても「配偶者特別控除」が多少なからずありますので、わずかに超えたからと言って税負担額が大きくのしかかってくる…というわけではありません。

むしろ毎年12月に行われる年末調整によって、還付額が出てくる場合もあります(もちろん、逆に追徴される場合もありますが)。

これに対し、130万円の壁を超えてしまうと社会保険料の自己負担が出てきます。これにより一気に支出額が増えてしまいます。一生懸命働いてちょっと超えてしまったばかりに、かえって負担が大きくなってしまった…なんて笑えません。

「年収130万円」のとらえ方

勘違いされやすいのですが、「年収130万円」の扶養計算は月額をもとに行います。130万円を12か月で割ると1か月あたり「108,333円」となります。毎月この金額以下であれば、扶養から外れることはありません。

しかし「健康保険」の考え方は「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」とされていますので、この条件を満たしてしまった場合は扶養から外されてしまいます。

例えば1月から11月まで月収8万円だったとします。しかし12月の月収が11万円となったとしたら、今後の見込み収入が11万円×12か月=132万円。ということで「健康保険の考え方」の

扶養が外れてしまう場合があります(その月収が限定的なものであれば、外れない場合がありますので確認が必要です)。

また、夫の会社が加入している健康保険によっても異なりますので、いずれにせよパートを始める前にあらかじめ健康保険組合に確認しておくことをおすすめします。

扶養内で働く場合に、注意することがあります

例え年収が130万円を超えていなくても、社会保険の加入する必要性が出てくる場合があります。それは「週30時間以上の勤務が2か月を超えてしまう場合」です。

もし年収130万円以内に収めることが難しい場合は?

もし年収130万円以内に収めることが難しい場合は、超過してしまう場合は一層のこと年収170万円以上を目安に勤務することをおすすめします。

「130万円の壁」を超えてしまうと、配偶者の税金控除がなくなってしまうことや、自身の社会保険料が加算されることは理解していただいたと思います。「130万円の壁」を越えてしまったために、逆に負担が増えてしまう場合があります。

その損益分岐点は大体、年収170万円と言われています。仮に年収が150万円辺りだと、税金などを差し引きした手取り額が年収130万円以下の場合とあまり大差がない場合が多いようです。従って、どうしても「130万円の壁」を超えてしまうのならば、思い切って年収170万円以上を目標にしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしたか?「130万円の壁」について、理解していただけましたでしょうか?このことに関して知識がなかったために、一生懸命働いたのに損する羽目になるなんて悲し過ぎます。後あと泣き寝入りしない為にも、しっかり理解して頭に入れておきたいですね。また、現在法改正議論の的になっている話題でもありますので、ニュースに敏感にでもあっておきたいですね。

この記事について
オール相続の最新情報をお届けします。

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

オール相続のメルマガに登録!

相続・資産に関するお得な情報や、限定セミナーのご招待などをお届けします。

メールアドレスは abc@example.jp の形式で入力してください

「マネー」に関する他の記事

「マネー」に関する相談Q&A

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.