menu

相続の専門家を検索

これから建てる人必見!アパート・マンション経営の建設会社の選び方

アパート経営やマンション経営をするにあたって、「建設会社」をどこにお願いするのかは、長期的なお付き合いとなりますのでとても慎重に行わなくてはなりません。そのポイントをまとめてみました。

土地活用・賃貸経営 2016年6月2日 閲覧数:422


なぜそんなに重要なのか?

アパート・マンション経営を始めようと考えると、まず最初に決めなくてはならないのが「建設会社」をどこにするか。なぜこんなにも重要視しなければならないのか?

理由は明確です。どの建設会社に依頼するかで、アパート・マンション経営のその後が左右されるからです。

出来るだけ低予算で建てたいのがオーナーとしての心境ですが、極端に安い場合は、それなりの理由が存在しているはずです。

この予算から材料費・現場職人のお給料を払はなくてはなりませんし、当然、会社の利益もださなくてはなりません。

とはいえ予算は無限に使えるものではありませんよね。

では、どのようなポイントに注目して選べばいいのか?

では、気になる建設会社の選び方のポイントについて解説します。ポイントは大きく3つあります。

①建設会社は地元をよく知っている会社を選ぶ

オーナーがアパート・マンションを建設しようと考えているそのエリアについて、よく知っている建設会社を選びましょう。

このエリアではどのようなアパート・マンションのニーズがあるのだろうか?ここはしっかりと調査したうえで、着工に入らなくてはなりません。

例えば、学生が多く集まるエリアに、高級ファミリー向け高層マンション物件を建ててもうまくいきませんよね?

その地域のことを十分に調査して知り尽くしていて、かつオーナーに親身に対応してくれる会社を選んでください。

②長く付き合える建設会社を選ぶ

アパート・マンション経営は、建設したら終わり,といううわけにはいきません。

建設はあくまでアパート・マンション経営においての過程にすぎません。建設後の長い目でみても付き合える建設会社を選ぶことが重要です。

従って、パートナーとしての心強さを求めるならば、知識・情報量としては「狭いけれども・深い」地域のことを知りつくした建設会社を選択したいですね。

③しつこい営業

どの分野でも共通して言えることなのですが、しつこい営業をしてくる建設会社は要注意です。このような会社は、歩合制で営業マンを雇っている場合がほとんどです。

つまり、この雇われた営業マンは給与体系が歩合制なために、しつこい営業をしてきます。営業マンも売上をあげないことには生活できませんので。

ハウスメーカーと工務店はどちらがいいの?

一言で建設会社と言えど、大きく「ハウスメーカー」と「工務店」の2択が存在しています。

もちろんそれぞれにメリット・デメリットが存在しています。

それをよく考えて、あなたの希望・好みに一番マッチする建設会社をチョイスしてくださいね。

ハウスメーカーの場合

テレビCMなどで見かけるハウスメーカーです。地元工務店と提携し、アパート建築に関するトータルサービスを行います。

メリット

不得意なジャンルがなく、アパート経営・マンション経営に最適な物件を用意できます。

また、人気となるアパートやマンションの条件をよく把握していますので、収益性の高い不動産経営を実現できるかもしれません。

また、空き室リスクや物件の管理といった一から十までのサービスが充実していますので完全お任せ・フルサポートでアパート経営・マンション経営を行うことができます。

副業感覚で始めたい人・初めてだから不安が多い人などにおすすめです。

デメリット

空き室リスクや物件管理の面で見ると、とてもメリットが大きいですが、割高な管理費や家賃収入の10%程度を差し引く手数料が重くのしかかってきます

従って、自己管理する場合と利益が減少してしまいます。

また、知名度があったり大手だったとしても後にトラブルが発生してしまうハウスメーカーもあります。

工務店の場合

戸建てを得意とする「一般工務店」の他、アパート建設を専門とした「アパート建築工務店」とがあります。

メリット

得意なジャンルというものは工務店によって異なりますし、ハウスメーカーと比べ限定されてしまいますが、そのエリアにとても密着している会社ですので、そのエリアの特長にマッチしたアパートやマンションの建設をすることができます

そのエリアのニーズに対応した物件を建設できるということは、空き室リスクの不安要素を大いに減らすことができます。

デメリット

その工務店の規模にもよりますが、アパート・マンションの建設のみとなり、その他のサービス内容が充実しているかどうかを確認する必要があります。

もっとも、アパートに関する知識が豊富なアパート建築工務店に依頼をすることができれば、管理会社と提携している場合が多いです。

比較にあたっての注意点

「一般工務店」に依頼する場合は、実績を訊ねることを忘れないようにしましょう。

「アパート建築工務店」に依頼する場合は、他の専門家との連携などにより、比較的リーズナブル・レベルの高いサービスを受けることができ魅力的ですが、良質な工務店を見つけることが困難です。

また、ハウスメーカーのような上げ膳据え膳のサービスはないことが多いので、注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか?マイホームよりも高額な買い物となる、アパート経営・マンション経営とはいえ、実際にはあまり建設会社比較をせずに着工してしまうオーナーも少なくないようです。

しかし、のちに後悔することとなることは目に見えています。そうならないためにも、しっかりと調査して慎重に決めましょう。
 

この記事について
オール相続の最新情報をお届けします。

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

オール相続のメルマガに登録!

相続・資産に関するお得な情報や、限定セミナーのご招待などをお届けします。

メールアドレスは abc@example.jp の形式で入力してください

「土地活用・賃貸経営」に関する他の記事

「土地活用・賃貸経営」に関する相談Q&A

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.