menu

相続の専門家を検索

注文住宅を建てるときの費用相場は?ハウスメーカーと工務店を比較。

注文住宅を建てる場合、ハウスメーカーと工務店の費用相場にどういった違いがあるのか。

土地活用・賃貸経営 注文住宅,費用,ハウスメーカー,工務店 2016年6月16日 閲覧数:160

注文住宅を建てるときの費用相場

ハウスメーカーや工務店などに注文して自分好みに建てる住宅を「注文住宅」といいます。

注文住宅は、法律に違反しない限度で、間取り、設備、内装や外観などを全て自分好みにすることができるというメリットがあります。その一方で、オーダーメイドになるので、希望を叶えれば叶えるほど費用が高くなっていくというデメリットもあります。そのため、注文住宅の建築にあたっては、予算の範囲内で、いかに自分好みの家を建てるかが重要なポイントになります。

注文住宅を建てる場合には、専門の業者に依頼する場合がほとんどになります。その場合、ハウスメーカーと工務店の二つが主な選択肢になってくるはずです。

今回は、このハウスメーカーと工務店の費用相場にどういった違いがあるかを比較しながら、注文住宅を建てる際に参考となる情報を提供していきます。

ハウスメーカーに注文する場合の費用相場

ハウスメーカーの費用相場は、メーカーごとにかなり変わってくるのが実状です。ローコストを売りにしているところもあれば、安くはないものの、安全や設備面を売りにしているところもあります。

ローコストを売りにするハウスメーカーの場合は、坪単価30万円程度以下となるところもあります。一方、大手ハウスメーカーの場合は、坪単価70万円以上となることがほとんどです。

ローコストを売りにしているハウスメーカーであれば、坪単価50万円以下で十分な住宅を建てることができますが、大手ハウスメーカーの場合には、坪単価50万円程度では、立派な住宅を建てることはあきらめた方が良いでしょう。

もっとも、ローコストを売りにしているハウスメーカーでも、坪単価30万円程度と本当に費用を抑えるのであれば、ほとんど自分の好みを反映することはできないと考えた方が良いです。好みを反映させる場合、別料金がかかってくることになり、通常のハウスメーカーと変わらない値段になってしまうことも多いようです。

そして、ハウスメーカーの場合、欠陥住宅などが問題になれば会社の存続にかかわってくるので、性能や品質は非常に高いのが一般的です。また、独自の技術や最新の設備などを取り入れたオシャレで魅力的な住宅を建築できるということも魅力になります。

また、ハウスメーカーの場合には、設備などのラインナップが画一化されており、どういった場合にどのくらい費用が増えるかが分かりやすいというメリットもあります。その一方で、そういったラインナップから外れ、好みを取り入れようとすると、数十万単位で費用が増えることも珍しくありません。

ハウスメーカーを利用する場合には、予算に合わせて幅広く選択肢が用意されていますので、自分がどういったものを求めるのかに合わせて、情報収集をしていくのが大切になります。

工務店に注文する場合の費用相場

大手でない工務店の場合の費用相場は、これも無数にあるため、ひとまとめにするのは難しいところですが、一般的には、工務店の方がハウスメーカーに比較すると安くなっている傾向があります。

地元の小規模工務店であれば、坪単価50万円程度で十分なレベルの注文住宅を建てることができるでしょう。これは、管理コストが安く、原価に近い価格で建築ができることや、広告費用にそれほどお金をつぎ込んでいないなどの理由によります。この点、ハウスメーカーの場合には、広告費や人件費などに相当のお金をつぎ込んでおり、これが建設費に上乗せされます。また、住宅展示場を保有するハウスメーカーの場合、それにかかっているコストなども上乗せされてしまうのです。

また、工務店の場合には、良心的なところであれば、いかに工夫しながら費用を抑えて良いものを作るかについて相談に乗ってくれることがあります。また、サービスで設備などを無料で追加してもらえる場合もあります。必ずしもこういった恩恵を受けられるわけではないものの、ハウスメーカーにはない魅力の一つといえます。

このように、工務店にはハウスメーカーにはない魅力が多いのですが、特に、伝統を重んじたり、新しいものを取り入れていない工務店の場合には、ハウスメーカーが得意とする目新しいものや、オシャレな外観や内装を苦手とするところも多いです。自分の好みの住宅のイメージをしっかり伝えて、それを実現できるかについて綿密に相談するのが良いでしょう。

もっとも、工務店によっては施工能力の低い悪質なところもありますので、地元の評判などを聞いて選ぶのが良いでしょう。

まとめ

ハウスメーカーと工務店であれば、費用面では工務店に軍配が上がります。坪単価50万円程度で、立派な注文住宅を建てることができるでしょう。

しかしながら、最終的には、本当に自分の好みの住宅を建てることができるかについては、依頼しようとしている工務店とよく相談する必要があります。あまりに最新のものを取り入れていたり、デザインに凝りすぎていると、小規模工務店では対応できない場合もあるからです。

理想とする住宅のハードルがかなり高い人の場合は、坪単価70万円以上になることも覚悟して、ハウスメーカーに依頼することも視野に入れるべきでしょう。

この記事について
オール相続の最新情報をお届けします。

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

オール相続のメルマガに登録!

相続・資産に関するお得な情報や、限定セミナーのご招待などをお届けします。

メールアドレスは abc@example.jp の形式で入力してください

「土地活用・賃貸経営」に関する他の記事

「土地活用・賃貸経営」に関する相談Q&A

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.