menu

相続の専門家を検索

私、自己破産したんです

2018年11月10日 岩本 裕二 相続コンサルタント,ファイナンシャルプランナー,保険代理店

つらいお話を聞きました

相続対策のご相談をお受けしていますと
つらいお話を聞くことがあります。

ある日ある場所で、講習中。。。

私が1時間ほどお話してから、10分ほどの休憩にはいりました。

受講者さんの中に80代くらいの女性の方がいらして。。。
私のすぐ目の前だったんです。

私に話しかけてこられました。

「先生。。。、私、自己破産しちゃったの」

身なりもキチンとした方で、およそ自己破産とは縁遠いイメージの方でした。

私は、ビックリして、「え?、どうされたんですか?」と伺ったところ、以下のような内容でした。


数年前に会社社長の旦那さまをなくされました。

会社の業績は堅調たったのですが、3億円の借金を銀行からしていたとのことです。

ある日突然、旦那さまが亡くなりました。

皆さんもご存知のとおり、通常、法人の借入金は、会社オーナーさまが連帯保証人となります。

会社は旦那さまの手腕で堅調たったため
社員が離れ、取引先も離れ、銀行から借金返済を迫られたとのことです。

負債が、すべてご遺族並びに奥さまに
ふりかっってしまったことになります。

奥さまも冷静であれば、遺産を継ぐか否かの決定をし、相続の放棄(3ヶ月以内に家庭裁判所へ書類提出)もできたかと思います。

また、生命保険にも入っていらっしゃらなかったとのことです。

ご自宅を売却しても、追いつかず。。。
やむを得ず、自己破産されたとのことです。


このことを伺って、私が感じたこと。。。
〇相続プランニングは、とても大切な事項です。残された方たちが、困らないために

〇生命保険は大切
 □会社オーナーさまという最大の経営資源を失っても、会社を維持できるための法人保険
 □死亡退職金の原資となる法人保険
 □ご遺族の生活を保障するための個人契約の終身保険(死亡保険)

今回のお話で、痛切に感じました。

会員登録で弁護士・税理士などへ無料相談!

オール相続は、人の専門家が登録する日本最大級の「相続・終活」の情報ポータルサイトです。

会員登録で、マイページから士業への質問を投稿することができ、無料で回答してもらえます。

オール相続のメニュー

ページトップへ

Copyright © 2017 All Partners Inc. All Rights Reserved.