menu

相続の専門家を検索

遺留分を減らす方策とは?

2018年11月17日 岩本 裕二 相続コンサルタント,ファイナンシャルプランナー,保険代理店

遺留分って制度、他国にはあまりないようですが

遺留分って制度、他国にはあまりないようですが、戦前の反省を踏まえ、財閥を作らせないための措置とも聞きました。

遺留分を減らすには?

□配偶者への居住用財産譲渡
 結婚期間20年を経過したら、居住用不動産の贈与(旦那様⇒奥様)をお勧めします
 (遺言書による遺贈でもOK)
 今回の民法改正では「持ち戻し(過去に遡り、贈与額を遺産額に集計)」しなくて良いこと
としています ※配偶者居住権の見直しによる
これまでは、この居住用不動産の贈与・遺贈されたものは相続財産に入れる必要がありま
した。居住用不動産以外の資産の贈与・遺贈は、従来同様相続財産に加算します
□生命保険の活用
 ・遺留分に相当する遺産額を、直接、生命保険で逃がすことができます
  ⇒保険金受取人の固有資産と見なされ、遺産額の対象外となります
   ご健康状態に拘わらず、契約できる生命保険商品があります
 ・万が一、遺留分減殺請求された場合の支払資金を、遺留分を請求されそうな方に
  ピンポイントで資金提供することができます。(保険金受取人に指定する)

見落としがちな遺留分の増額要素

または、遺留分の圧縮手法。

□過去の贈与
 税の世界では、相続発生前の前3年間の「持ち戻し」で済みますが、民法の世界では、
特に定めていませんでした ⇒ 際限なく遡る(「持ち戻し」)
今回の民法改正では、
〇相続人は、相続発生前の前10年間の「持ち戻し」
〇相続人以外は、相続発生前の前1年間の「持ち戻し」
としています。

会員登録で弁護士・税理士などへ無料相談!

オール相続は、人の専門家が登録する日本最大級の「相続・終活」の情報ポータルサイトです。

会員登録で、マイページから士業への質問を投稿することができ、無料で回答してもらえます。

オール相続のメニュー

ページトップへ

Copyright © 2017 All Partners Inc. All Rights Reserved.