menu

相続の専門家を検索

完全相続マニュアル

相続の仕組み、手続き方法、気をつけるポイントなどついて、わかりやすく解説!

ブックマークがおすすめ!

相続の権利編、誰がいくらもらう?

だれが相続できる?

法定相続人とは?相続人の範囲はどこまで?

代襲相続人とは?相続人が亡くなっているとき。
+代襲相続とは?~先に相続人が亡くなっていたような場合は?
+父親が相続放棄した場合、孫が代襲相続するのか?

内縁の妻に相続権はあるのか?遺言が必要?

どのぐらいの割合をもらえる?

法定相続分~どれだけの割合を相続するか

寄与分~貢献した人は多くもらえる

特定の誰かを相続させない、または相続させる、方法。

相続欠格とは何か?やってはいけない5つのこと。

相続人の廃除~遺産を与えたくない場合

遺贈とは?孫や第三者に相続させる方法

もめる原因「遺留分」について知っておこう

遺留分~最低限の相続割合

遺留分減殺請求とは?手続き方法は?

遺留分の計算方法まとめ

遺言書で遺留分を侵害された場合にすべきことは何?

遺留分の請求に時効はあるの?~非常に短いので注意が必要です。

遺言書、相続対策編。準備すれば得になる。

遺言書を作るメリット、種類

遺言書のメリット
+遺言書の効力はどのぐらいある?
+遺言書を作っている人が急増中
+財産が少ない人ほど遺言を作ったほうがいい!?

遺言書の種類
+特別方式遺言とは

自筆証書遺言とは

公正証書遺言とは
+公正証書遺言が無効になるのはどんなとき?
+
公正証書遺言に必要な証人は誰がなる?なれない人は?(証人欠格)
+
公正証書遺言を作れば遺留分は無効?

遺言書の書き方、作り方

遺言書の作成費用はいくら?

遺言信託のまとめ・比較表

遺言書にはどんなことが書ける?

遺言書を自分で書く場合に気をつけるべきポイントまとめ
ありがちな遺言のミス、3選
やってはいけない遺言の書き方、5か条

遺言書のひな形ダウンロード

遺言書の保管、開けるときの手続き

遺言状を書いた・・・どこにどうやって保管する?

遺言の開封はどうしたらいい?
+公正証書遺言を閲覧する方法

遺言書の検認とは?~内容を確認してもらう

遺言執行者とは?
+公正証書遺言の執行者とは?

相続対策、相続税対策をしておこう

1)贈与税の配偶者控除を使って住宅を配偶者に生前贈与
2)生命保険に加入して相続税を減らすには?
3)新しくアパートを建てて財産評価を下げる
4)宅地の用途を分け評価の区画を変えて土地の値段を安くする
5)墓地や仏壇を買っておく
6)不動産投資する際の注意点は?
7)養子縁組は相続でどのように活用する?

生前贈与をうまく活用しよう

相続税対策としての生前贈与

これだけは押さえておきたい保険の相続対策3選

名義預金とは?せっかくの生前贈与が無効になる!?

生前贈与で気をつけたい4つのこと

特別受益者、持ち戻しとは?

相続時清算課税制度のポイントは?

教育資金贈与とは?信託銀行別の比較・まとめ

成年後見人の制度を活用しよう

法定後見制度とは

後見制度の悪用

 

相続発生後の手続き編。流れと内容

相続手続きの流れ、スケジュールを知ろう

相続はいつ開始されるのか?亡くなっているか分からないときはどうなる?

亡くなってからの相続の手続き・スケジュールのまとめ
+
家族が亡くなったら~死亡届の提出から一連の流れ
+身内が亡くなったら絶対すぐやるべき相続手続き3か条

やならきゃいけない手続きリスト

相続財産を調査する

戸籍の取得方法
+原戸籍とは何でしょうか?

遺産分割~どうやって分ける?

遺産分割でもめたら調停?裁判とどう違う?

遺産分割協議書を作成する

相続関係説明図について
+相続関係説明図とは何のために作成するのか?

相続したくないときの方法

相続放棄したいときの手続き方法のまとめ
+
相続放棄~マイナスの財産のほうが多い場合

限定承認とその注意点

その他、忘れてはいけない手続きリスト

保険金を請求する

健康保険に関する手続きをする

相続における年金の手続き、遺族年金の支給

所得税の準確定申告をする

相続税編。いくら税金でとられる?

財産の種類を把握しよう

本来の相続財産~相続税のかかる財産、かからない財産(1)
+夫の生命保険金は相続財産?
+夫の死亡退職金は相続財産?

みなし相続財産とは~相続税のかかる財産、かからない財産(2)

相続税がかからない、「控除」を知ろう

相続税の基礎控除とは何か?~どこまでの範囲で税金を払わなくてすむか。

相続税の配偶者控除を利用するには?
+1億6千万円までは相続税がかからない!?配偶者控除とは?

小規模宅地等の特例とは?相続税対策に。

相続税の計算をしよう

相続税の計算方法~改正前と改正後

1)自宅の土地(宅地)の相続税評価方法
2)土地を借りている場合(借地権)の相続財産評価方法
3)土地を貸している場合(底地)の相続財産評価額
4)農地の相続財産としての評価はどのようにして行われるか
5)広大地の相続税評価方法
6)家屋・貸家の相続税の評価方法
7)上場株式、気配相場等のある株式の相続税の評価方法
8)取引相場のない株式の相続税の評価方法
9)預貯金、投資信託、国債の相続税評価方法
10)生命保険、死亡退職金の相続税評価
11)家庭用財産(家具・自動車)などの相続税の評価
12)書画や骨董品の相続税評価
+美術品 骨董品 には相続税がいくらかかる?
13)ゴルフ会員権の相続税における評価額
14)著作権の相続税評価額

相続税はどうやって支払う

相続税を一括ではらえない場合~延納という方法

相続税を一括ではらえない場合~物納という方法?

 

→その2

 

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.