menu

相続の専門家を検索

相続税の申告は終わっているのに、新たな遺産が出てきた場合

365さん 2016年4月8日 東京都

一昨年、祖父が亡くなりました。相続税の申告は完了していたようなのですが、最近遺品を整理していたところ、今まで気がつかなかった銀行の通帳が出てきてしまいました。まだ、残高があるかどうかもわからないのですが、もし残高があった場合、相続税の申告はやり直す必要がありますよね?どのようにしたら良いのか、教えて下さい。

回答日:2016年4月10日

365さん はじめまして
相続税の申告もれに気付いた場合、速やかな「修正申告」が必要です。
ただし、お尋ねの預金口座の残高が相続発生時点において、どれくらいであったかににもよります。忘れてしまうほど極めて僅少であったのであれば問題はないのですが、多額の残高ということであれば、自主的な「修正申告」によって、過少申告加算税も5%ですむところ、もし税務調査があった場合、割合がさらに高くなり、10%が適用されることにもなり、仮装隠ぺいと判断された場合、30%の「重加算税」が課されることにもなりかねません。
金融機関で速やかに残高照会を行って、対応をされることをお勧めします。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続税」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続税」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.