menu

相続の専門家を検索

高齢の祖母の相続税対策

kanaさん 2016年4月8日 東京都

祖母が高齢なので、何か相続税対策をしなければ、と家族で話をしております。私の父と、その兄弟が相続人であり、私は相続人ではありません。祖母は、銀行の預金というよりも、不動産や土地などを多く所有しているようです。高齢の祖母でも可能な相続税対策は、何かあるのでしょうか?もしくは、高齢だと難しいのでしょうか?

回答日:2016年4月10日

kanaさん はじめまして
今からでもできる相続対策は、まだあると思われます。
不動産が財産の中に占める割合が大きいということですが、相続税評価額がどれくらいかを知ることが先決です。
そして、現時点における相続税額を知ることが重要です。その税額は、保有している金融資産や預貯金の金額以内であれば、まず特段、納税資金の心配は必要ないということになりますし、また、相続税額が僅少であるとか税額が算出されないということでしたら、むしろ相続対策をしない方が余程、賢明という場合もあります。
そして相続対策は、必ずしも節税対策のみを指すものではありません。推定相続財産がご兄弟の望み通りに、あるいは均等に分け合うのに適したものであるかが実は大きなポイントになる場合もあります。
その他、財産の構成されている状況から、資産の組み換えや税法上の特例の活用についての検討の余地もあります。
トータル的な検討のため、早めに税理士など専門家と相談されることをお勧めします。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続税」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続税」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.