menu

相続の専門家を検索

義父が10年前に建てた住居を義弟が取り壊した

ロビンフッドさん 2016年4月12日 長野県

新築同様の家(2千万円で10年前に新築)を義弟は自分の家を建てるために取り壊しました。その家もその土地も名義は義父です。義父は1年後に死亡しました。私の妻が義弟の姉に当たります。もとより妻は相続放棄する予定でしたが、義弟に失礼な態度があったので懲らしめのために遺留分を請求することにしました。義弟は義父の財産目録を見せましたが、1年前に自分の希望で取り壊した家が書かれていません。財産目録には家屋2千万円と書かれるべきだと私は考えます。この考えでよろしいでしょうか。

回答日:2016年4月12日

財産目録には、相続開始時にあった土地建物を記載することになり、滅失登記がなされたとしても建物の存在は登記簿で確認できるかと思います。評価については土地と建物の評価となり、評価について対立する場合には最終的には鑑定になる可能性もあります。

回答日:2016年4月12日

相続開始する2年前に義父の住居が取り壊された場合はどう考えたらいいでしょうか。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺留分」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺留分」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.