menu

相続の専門家を検索

エンディングノートと遺言書

たかしさん 2016年5月10日 北海道

エンディングノートと遺言書は具体的にはどこがどのように違うのでしょうか。
また、エンディングノートで書いたほうがいいことと、遺言書に書いておいたほうがいいことなどをそれぞれ教えて下さい。
お金のことや家のことを書くのはもちろんだと思うのですが、もっと細かいことも決めておいたほうがいいのかなと考えているので、どちらに書くべきか教えて下さい。

回答日:2016年5月13日

回答者: 匿名 行政書士

①遺言書で、不動産の移転登記、預貯金の払戻等はできますが、エンディングノトではできません。(エンディングノートに法的効力は認められていません)
②エンディングノートには、ご自身の気持ち(ご家族への感謝等)を記載して、忘備録の感覚で、遺言する前に記載する事をお勧めします。
③遺言書においては、遺言できる事(法的効果がある):財産の分割方法、身分に関する事などを記載します。
④エンディングノート(幸せノート)の簡易式を貼り付けておきます。
http://motomura-sgj.com/wp-content/uploads/2014/10/幸せノート.xps

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「エンディングノート」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「エンディングノート」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.