menu

相続の専門家を検索

血のつながりがないものの相続について

あかみねさん 2016年5月10日 埼玉県

私は持ち家を持っていますしある程度のお金の蓄えもあります。
しかし、私には家族は一人もいません。
親戚付き合いも全く無く天涯孤独で生きてきました。
最近エンディングノートなどが流行っており私も相続について考えようと思っているのですが、もし可能であるならば私の唯一の親友にすべてを相続して欲しいと考えているのですがそれは可能でしょうか?

回答日:2016年5月10日

ご回答いたします。

まず確認ですが、「家族は一人もいない」ということは、

・配偶者(夫または妻)
・子供、孫、ひ孫などの子孫
・親、祖父母などの先祖
・兄弟姉妹
・兄弟姉妹の子供(甥、姪)

が一切いない、ということでよろしいでしょうか。

一切いないという前提下で、親友にすべての財産を託したい…ということでしたら、
「親友に全財産を『遺贈』する旨の遺言を作る」
ことで、可能になります。

(※ちなみに、「相続」という言葉は親友のような第三者には使いません。
  第三者に死後の財産をあげることは「遺贈」と言います。)

なお遺言はご自身で作ることもできますが、「公正証書遺言」という方法なら、より確実に作れます。
ぜひ、遺言の作成をご検討下さい。

参考になれば幸いです。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続手続き」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続手続き」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.