menu

相続の専門家を検索

正式な遺言とそうではない遺言の区別

まさとさん 2016年5月17日 東京都

私の父はよく冗談半分で家をゆずらないぞなどと言うのですが、そのようなことも遺言とされる可能性はあるのでしょうか。
どこまでが遺言として認められて、どこまでが遺言としては認められないのかをあらかじめ知っておいたほうがいいと思いましたし、父ともあらかじめしっかりと相談しておいたほうがいいと思ったので、教えて下さい。

回答日:2016年5月18日

回答者: 匿名 行政書士

参考意見として投稿します。
①遺言書は被相続人(父上)の自由な意思の基になされたご意向ですので、相続人(相談者様)が納得の上、遺言書の内容に沿って行えばよろしいと思います。
②相続人の方たちが遺言内容と違う遺産分割協議を行い全相続人の同意が得られれば、その遺産分割は法的に問題ございません。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺言書」に関する相談Q&A

  • 兄弟間の遺産相続について

    1週間前母親が他界しました。私たちは五人の兄弟で私は4女です。遺産は土地だけで5...

    遺言書 2016年5月31日 パラワンオオヒラタクワガタさん 回答数:1

  • 遺言状が破損した場合。

    いつもお世話になっています。 お知恵を拝借したいことが出てきました。 先日、...

    遺言書 2016年6月1日 とまとさん 回答数:1

  • 遺言書についての質問

    父親の名義である持ち家を遺言書で子供Xに譲渡されると書かれていたとします。子供...

    遺言書 2016年5月30日 のりべんとうアタッチメントさん 回答数:2

  • 遺言状の効力について

    いつもお世話になっております。 遺言状の効力についてお聞きしたいです。 遺産...

    遺言書 2016年6月1日 たかみさん 回答数:2

  • 遺言書についての疑問

    父親の名義である持ち家を遺言書で子供Xに譲渡されると書かれていたとします。子供...

    遺言書 2016年5月30日 のりべんとうΩさん 回答数:0

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺言書」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.