menu

相続の専門家を検索

祖母の愛犬の世話を死後に頼まれました。

サンライズさん 2016年5月17日 山梨県

祖母には12歳になる愛犬がいます。それはそれはとても可愛がっていて、夫である祖父が亡くなった時より愛犬が亡くなった方がショックだろうと周囲が話しているほどです。祖母から「もし自分が亡くなったら愛犬の面倒を見てほしい。」と打診されました。私は4人いる孫の一人なのですが、近居で愛犬が一番懐いているからです。その為に費用を残したいと言われていますが、やはり遺言を書いてもらったほうがいいでしょうか?

回答日:2016年5月18日

回答者: 匿名 行政書士

参考意見として、投稿します。(相談者様が面倒を看る前提)
①祖母様が愛犬をいつの時点まで、面倒を看ることができるかも含め、生前に贈与して貰う、又は遺言書にて、それに見合う遺産を遺して貰う、両方も含め。祖母様の意向に沿って、検討されたらいかがでしょうか。
②遺言書で遺される場合、他の法定相続人への配慮は必要かと思います。

回答日:2016年5月19日

そうですね。②はあまり気にしていませんでした。教えていただきありがとうございました。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続手続き」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続手続き」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.