menu

相続の専門家を検索

不動産の賢い相続

きりゅうさん 2016年5月17日 東京都

私の父は持ち家を持っています。
今は父と母と私でその家に住んでいます。
父が亡くなったあとに私がその家をうけつぐことになっているのですが、私がうけつぐことはすでに決まっているので父が亡くなる前になにか手続きなどをしておいて賢くお得に不動産を相続できる方法はありますでしょうか。
もしそのような方法があったら教えて下さい。

回答日:2016年5月17日

きりゅうさん
FP税理士の柴田博壽と申します。
ご質問にお答えします。
先ず、相続対策は、推定相続財産の金額を知ることからはじまります。
そのうえで相続税の試算です。つまり相続税がどのくらいなのかを計算しておくことです。
その結果、相続税の納税額が算出されなければ、一安心で、きりゅうさんがもし、一人っ子ということであれば、遺産争いも考えられません。そのような場合は、何もしないことが賢明ということになります。
しかし、納税額が発生することが確実ということであれば、果たして納税資金は十分かどうかを検討しなければいけません。
もし、納税資金が十分でないという状況であれば、やはり計画的な相続対策が必要です。
その相続対策は、大きく分けて3とおりあると言われます。
一つ目は、何と言っても遺産を円満に分け合うということなのですが、きりゅうさんの場合、この心配は必要ないかも知れません。
次にあげられるのは、納税資金をどのように確保したらよいかという対策です。どんなに資産家と言われる人でも財産の大部分が不動産であったとすれば、納税資金の確保は、容易ではありません。このような場合、例えば、不動産の一部を売却して金融資産等を保有して準備することも考えられるでしょう。
そして、3つ目の相続対策としては、相続税の税額をいかに少なくするかです。いわゆる節税対策です。ずばり、課税される相続財産を減少させることです。
もし、旅行が趣味であれば、大いに旅行をして相続財産を減らす等も立派な節税対策ですし、生命保険の活用で節税も可能です。
同じ不動産でも貸家を所有することで相続税の計算において、評価を少なくする効果があります。さらには、亡くなった人と同居していた親族が、その居宅を相続して住み続けることで宅地の評価を80%も減額できる税法上の特典の活用は、極めて大きな効果があります。
まずは、相続税額のシミュレーションを行ってみませんか。
よろしかったら、ご相談ください。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続税」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続税」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.