menu

相続の専門家を検索

実家をリフォームしたいのですが姉が反対します。

ディライトさん 2016年5月17日 京都府

母が亡くなり父も病気がちになって殆ど寝たきりになっています。父は近居で公的介護を受けて何とか生活しています。私は長男で弟なのですが妻と二人週に何回か介護をしに行っています。父の足腰が弱っているので家の段差を無くしたり外階段に手すりを付けたり、寒いので床暖房をつけたり父の預金でリフォームしたいのですが、全く介護をしない他県に嫁いだ姉が父の介護にお金を掛ける事を渋ります。恐らく相続分が減るからです。姉は「あなたの相続分を減らすからね。」と言います。父のお金です。私は納得出来ないのですが勝手にリフォームしても構いませんでしょうか?

回答日:2016年5月20日

「父に」対して勝手にリフォームしてはいけませんが、「姉に」対して勝手に、であれば問題ありません。リフォームをするのは質問者様ではなく、父が自分の意思で、ご自身の預貯金を用いて行うのであって、そこに質問者様および姉の反対する権利が介入する余地はありません。(ただし、後見人でない等の条件が前提です)
また、そのことによって生前贈与ともとれませんので、相続分が変動することもありません。

回答日:2016年5月24日

父は意思がありません。姉に「お金が掛かるよ。やめたほうがいい。」と言われればすぐに意見を変えます。難しいですね。アドバイスありがとうございます。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続トラブル」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続トラブル」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.