menu

相続の専門家を検索

認知症の人物の遺言の効力について

yutaxiさん 2016年5月18日 福岡県

私の祖父は古い人間で、長男に対して遺産を多く残すつもりのようです。まだ存命ですが、知人との会話の弾みで現在の民法の相続に関して知ったようで、3人の子どもに遺産が等しく分割するのを嫌がったようです。
そこで、遺言状を書くと言いだしたらしいのですが、本人にはどうも認知症の症状が表れ初めています。
仮に認知症の症状が発症した後に遺言を残した場合、その遺言は有効なのでしょうか?意見を伺えれば幸いです。

回答日:2016年5月19日

認知症、即、遺言能力なし、とは限りません。遺言が自筆でなされる場合には、相続開始後に遺言能力に争いになる可能性が高いでしょう。公正証書であれば一応は公証人による能力判断がありある程度の能力は担保されることになります。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺産相続の準備」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺産相続の準備」に関する他の記事

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

ページトップへ

Copyright © 2017 All Partners Inc. All Rights Reserved.