menu

相続の専門家を検索

贈与税がどれくらいか心配しています

トコトコさん 2016年5月25日 岩手県

祖父が個人で持っている土地があるのですが、それを贈与された場合の贈与税がいくらなのか心配しています。贈与税がいくらくらいなのかを知りたい場合は、どこの機関に問い合わせたら良いのでしょうか。また、どんな書類が必要なのでしょうか。何も分からず、初歩的な質問で申し訳ありません。わたしも今までノータッチだったので何も知りませんし、仕事柄海外にいることが多いので、どうやったら良いのか分からず悩んでいます。

回答日:2016年5月25日

トコトコさん
ご質問にお答えします。
まず、贈与税等国税に関し、所管する官庁は、税務署ということになりますが、一般的に税の相談者は、専門家の税理士となります。
贈与税は、贈与金額に応じて累進税率(段階的に税率が増加します)が適用されます。贈与財産が土地であれば、面積に1平方メートル当たりの評価額を乗じて贈与金額を求め、110万円(1年当たり)を控除した金額に所定の税率を乗じて税額を求めます。
つまり、①土地の所在地、②面積、③平方メートル当たりの評価額が判明すれば、税額を計算することはさほど困難なことではありません。
しかし、同じ金額でも贈与税は、一般的に相続税に比較して税負担が重くなります。現状における推定相続財産に対して相続税額がいか程かを知ったうえで生前贈与なりの対策を考えることが大事になってきます。
結果的に相続税が発生しないのであれば、生前に贈与を行うことで贈与税が発生することとなり、言ってみれば、賢明な方策とはいえません。
また、相続税が発生しないということが確実であった場合、例えば住宅敷地用として少し早めにお祖父さま(直系尊属)から贈与を受け、有効活用をしたいというのであれば「相続時課税制度」を活用することも一方と考えられます。
この制度は、2,500万円までの贈与には課税しない扱いで、相続が発生した時点で相続財産に加算して相続税の計算を行うものです。しかし、あらかじめ相続財産に対する税額は発生しないことが判明しているのであれば、贈与税、相続税のいずれもが課されないことになります。
ます、贈与対象の土地の評価額を算出してみることからはじめてみると良いにではないかと思います。
ご参考になれば幸いです。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「贈与税」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「贈与税」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.