menu

相続の専門家を検索

父の愛人にまで遺産を分ける必要があるのか

戸野さんさん 2016年5月25日 高知県

父には10年くらいお付き合いをしている愛人がいます。母はもうあきらめていて、愛人の存在を知りながら黙って見ているだけです。父は、週に2日くらいは愛人宅に行っていますが、それ以外はうちに帰ってきますし、給料も入れています。もしも父に何かあった場合、愛人にも遺産を分ける必要があるのでしょうか。父は遺言書を書いてはいません。愛人には子供はいません。父がなくなってから遺産で揉めるのは嫌なので、教えてください。よろしくお願いいたします。

回答日:2016年5月29日

遺言がない場合は、愛人に相続の権利はありません。

また、仮に遺産の全てを愛人に遺すと遺言があった場合は、法定相続分の半分が遺留分として、母と子に認められます。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺産相続の準備」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺産相続の準備」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.