menu

相続の専門家を検索

アルツハイマーの父が書いた遺言書の効力。

インストラクターさん 2016年5月29日 愛知県

お知恵をお借りしたいです。
先月に父がアルツハイマーと診断されました。
1年前から言動におかしな点があり、病院に連れて行きました。
病院で診断される半年前に父が遺言書を書いていたのですが、法律的に効力はあるのでしょうか。半年前は病院の診断はありませんが、回りで接していた私たちからみると、かなりアルツハイマーが進んでいるように見えました。

回答日:2016年6月2日

遺言が有効かどうかは意思能力の有無によることとされています。
従って、遺言を作成した時点で意思能力があったかどうかによりますが、これは意思能力の不存在を主張する側に立証責任があるとされています。
つまり、遺した遺言に争いがないのであれば特に問題はありません。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺言書」に関する相談Q&A

  • 兄弟間の遺産相続について

    1週間前母親が他界しました。私たちは五人の兄弟で私は4女です。遺産は土地だけで5...

    遺言書 2016年5月31日 パラワンオオヒラタクワガタさん 回答数:1

  • 遺言状が破損した場合。

    いつもお世話になっています。 お知恵を拝借したいことが出てきました。 先日、...

    遺言書 2016年6月1日 とまとさん 回答数:1

  • 遺言書についての質問

    父親の名義である持ち家を遺言書で子供Xに譲渡されると書かれていたとします。子供...

    遺言書 2016年5月30日 のりべんとうアタッチメントさん 回答数:2

  • 遺言状の効力について

    いつもお世話になっております。 遺言状の効力についてお聞きしたいです。 遺産...

    遺言書 2016年6月1日 たかみさん 回答数:2

  • 遺言書についての疑問

    父親の名義である持ち家を遺言書で子供Xに譲渡されると書かれていたとします。子供...

    遺言書 2016年5月30日 のりべんとうΩさん 回答数:0

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺言書」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.