menu

相続の専門家を検索

遺品を売ってお金を得た場合。

熱男さん 2016年5月30日 東京都

祖父が亡くなったあとに書斎を整理していたのですが、書籍が大量にあり、遺品として取っておくものを除いて、古本屋に買い取ってもらうことにしました。300冊以上の本があったので、金額もそれなりの金額になったのですが、相続人たちで均等に分けあうことにしました。厳密に言えば、これも「相続財産」として、相続税支払いの対象になるのですか?

回答日:2016年5月30日

熱男さん
お答えします。
原則的には、熱男さんお考えのとおり、相続財産にとなります。ただし骨董品と違い、金額的なところがあるかと思います。
仮に本の売却代の総額が10万円で、適用される相続税の税率が10%の場合の増加税額は1万円です。課税庁が相続調査を行った場合の徴税コストは、これを凌ぐことになるのではないでしょうか。常識の判断でよいかと思います。
ご参考になれば幸いです。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続税」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続税」に関する他の記事

マニュアル・手続き書類ひな形、無料プレゼント中!

オール相続では、相続・終活の手続き方法や重要なポイントについて解説した冊子を無料配布しています。

「誰がいくらもらえる? 」「相続税はいくらから?」「手続きのスケジュールは?」

また、自分でも手続きができるように各種書類のテンプレート・ひな形をマイページから無料でダウンロードできます。

ページトップへ

Copyright © 2017 All Partners Inc. All Rights Reserved.