menu

相続の専門家を検索

遺産相続/生命保険の特別受益

未設定さん 2017年9月15日

実姉がなくなり、姉には子供がおらず、その配偶者と私の親が遺産分割において話し合いがまとまりません。
遺産は、生命保険1500万と預貯金合計835万円。
19年勤めた会社からの死亡退職金がいくらなのかも教えてもらえません。それはすべて配偶者が受け取ってます。
姉は13才から小児がんに侵され、その看病をずっと母がしていました。亡くなる前の1年も会社を休業して通院しており、その通院の送り迎えも父と母が毎回しておりました。姉の通院中の配偶者への夕飯も、お弁当にしてわたしたりもしており、妹は週に一度、姉の髪の毛を洗いに姉の自宅まで行っておりました。亡くなる前には、喧嘩すると姉は叩かれたり蹴られたりもしてましたが、それについても相手は認めてません。
生命保険は姉が結婚する前の13歳ごろに母が加入し、姉がなくなり就職するまで支払いも母がしておりましたが、結婚後、受取人を配偶者にしたため、おりてきた金額すべてを配偶者が受けとることになりました。婚姻期間は15年間です。
生命保険の特別受益を申し入れましたが、配偶者はそれを拒否しており、親へは預貯金の1/3で話してきてますが、生命保険と預貯金を合わせた額のの1/3を相続することはできるのでしょうか?
配偶者はお金をむしりとる気なのか?今後の生活がある。と主張してきます。
弁護士費用も高いと思いますので、なるべく話し合いでまとめたいのですが、、

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続トラブル」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続トラブル」に関する他の記事

会員登録で弁護士・税理士などへ無料相談!

オール相続は、人の専門家が登録する日本最大級の「相続・終活」の情報ポータルサイトです。

会員登録で、マイページから士業への質問を投稿することができ、無料で回答してもらえます。

オール相続のメニュー

ページトップへ

Copyright © 2017 All Partners Inc. All Rights Reserved.