menu

相続の専門家を検索

扶養控除の範囲について

未設定さん 2017年9月29日 広島県

親の扶養控除の範囲についてご相談します。
母は、60年程前の20歳頃5年程会社員をしていて、自営業の父と結婚しました。
最近になって、年金事務所から会社員をしていた時の証明が取れ、厚生年金を支払うと連絡がありました。
60歳からもらうべき金額に20年ほどもらえなかった分の金額を足して支払うとのこと。
合計すると、1年で158万の扶養の範囲を少し超えます。
今まで私の扶養に入っていましたが、はずれることになります。
通常の厚生年金だと、扶養の範囲を超えないのですが、もらえなかった期間を含めると扶養に入れられなくなるのです。
こういった事例だと、扶養に入るような特例はあるでしょうか、お尋ねします。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「マネー」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「マネー」に関する他の記事

会員登録で弁護士・税理士などへ無料相談!

オール相続は、人の専門家が登録する日本最大級の「相続・終活」の情報ポータルサイトです。

会員登録で、マイページから士業への質問を投稿することができ、無料で回答してもらえます。

オール相続のメニュー

ページトップへ

Copyright © 2017 All Partners Inc. All Rights Reserved.