menu

相続の専門家を検索

生前贈用と遺留分

未設定さん 2018年2月17日 北海道

私達は4人異母姉弟で弟一人が現在の子で、戸籍上では長男が二人になています(生みの母は私が約3歳の頃に死亡)養子縁組はしていません。
生前贈用としては父がすでに母に約1300万(5年前位・弟には店を出すのに約1200万、店の修理代として200万・車購入500万しています(いずれも近年知ったもので何年前かは?20年?)現在父の通帳には2000万と持ち家(築45年で評価価格は分かりません)
質問①母と弟は遺留分から計算するとマイナスとなるなりますがそれでも相続の権利主張できるのでしようか?
②父より先に母が亡くなった時は母の贈用された分は弟の物になるのでしようか?父が母より先に亡くなった時の相続分も合わせて弟の分になるのでしょうか?公証役場と民間の司法書士さんのどちらに父の遺言を依頼したらよいでしょうか宜しくご教授お願いします。

回答日:2018年2月18日

はじめに関係者を整然とさせたいと思います。
 お父様には現在、妻(Aさん)、それとAさんとの間に子Bさんがいますね。そしてお父様には、先妻つまり、ご質問者のお母様との間に子(Cさん、Dさん、Eさん)がいるということです。
 そうしますとお父様の推定相続人は、A,B,C,D,Eさんの5人です。
 次に推定相続財産を確認したいと思います。
 お父様には、現在の保有財産の他、Aさん、Bさんに対して生前贈与した金額の「特別受益」の問題があります。つまり、遺産総額は、以下のように約6,000万円と推定されます。
【保有資産】
1預貯金残高 ・・・・2,000万円
2居宅及び敷地 ・・・  800万円(計算便宜上の概算額)
【特別受益となる生前贈与額】
3Aさんへの贈与・・・・1,300万円(現金)
4Bさんへの贈与・・・・1,900万円(開業費等、車両購入代)
 推定遺産総額     6,000万円

 また、各人の法定相続分と相続金額については以下のとおりです。
妻Aさん、全体の2分の1・・・・・・・・・3,000万円
子B,C,D,Eさん、全体の各8分の、一人当たり  750万円
 Bさんは、1,150万円の持ち出しとなり、C,D,Eさんの留分は375万円となります。
 
 また、お父様より、Aさんが先に亡くなられた場合、法定相続人は、お父様とBさんのお2人となり、お父様より生前された金額を含めたAさんの総財産が遺産額となります。
 Aさんが先に亡くなられた仮定では、Aさんは、お父様の相続人とはなり得ませんので、お父様の相続発生時点では、お父様の推定遺産額に係る「特別受益」の問題はでてこないかと思います。     

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺産相続の準備」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺産相続の準備」に関する他の記事

会員登録で弁護士・税理士などへ無料相談!

オール相続は、人の専門家が登録する日本最大級の「相続・終活」の情報ポータルサイトです。

会員登録で、マイページから士業への質問を投稿することができ、無料で回答してもらえます。

オール相続のメニュー

ページトップへ

Copyright © 2017 All Partners Inc. All Rights Reserved.