menu

相続の専門家を検索

父が亡くなった後の土地の相続問題

さえさん 遺産相続の準備 2015年6月30日 長崎県

父は50代で身体を壊したことで、自宅の住宅ローンが支払えなくなり自宅を手放しました。

自宅は手放しましたが、以前農家をやっていたこともあり田畑や山などの土地はあります。ですが、なにぶん田舎の土地ですので売ろうにも買い手はまず見つかりません。現在でも税金の支払いはしていますが、買い手もつかない土地を相続して税金を支払うことに疑問を感じています。

回答日:2015年6月30日

ご回答いたします。

仰る通り、お父様がお持ちの農地や山林は、お父様が亡くなった後、相続財産となります。
そしてご質問者様と、他にご兄弟等がいらっしゃれば、皆さんが相続することになります。

これらの土地について、相続したところで売ることは難しいだろうし、
税金を支払うくらいなら、相続はしたくない…とお考えでしたら、
一つ取れる方法として、「相続放棄」があります。
相続放棄は、家庭裁判所に対して、「私は相続をしません」と意思表示をすることです。
これが認められれば、これらの土地を相続する必要はなくなります。

ただし、相続放棄をした場合、お父様が残されたその他の財産、
例えば預金なども、一切相続できなくなりますので、注意が必要です。

少しでも参考になれば幸いです。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺産相続の準備」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺産相続の準備」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.