menu

相続の専門家を検索

土地の評価を下げる方法について

ちんぷんかんぷんさん 相続税の申告 2015年3月19日 奈良県

夫が10年前になくなり、現在は私一人で自宅に住んでいます。子供は他県に住んでいますが、将来的には一緒に住んでくれるようです。
子供が自宅を相続するとして相続税がかかるのでしょうか?

回答日:2015年3月19日

回答者: 匿名

相続税は基本的に遺産総額が4,200万円を超えるぐらいになってから検討するとよいでしょう。基礎控除額(3,000万円+600万円×法定相続人数)を超えてからのお話になります。
さて、ご質問の件ですが、相続人が当該家屋に住んでいる場合には、小規模宅地等の特例によって、土地の価額を評価額の80%引いてくれます。
その条件ですが、配偶者が相続する場合は無条件で、子供が相続する場合は以下のようになります。
①同居している場合は、相続税の申告期限(相続開始から10ヶ月)まで所有してかつ住んでいる場合に限ります。他に売却した場合は適用外となってしまいます。②同居していない場合は、相続開始前3年以内に、自分又は配偶者の所有する家に住んでいないことが条件です。アパートなどに住んでいる場合は大丈夫です。
今回は②のケースに見受けられます。子供さんが賃貸マンションなどに住んでいる場合に、自宅に住み始める場合は大丈夫ですが、すでに、自分の家をお持ちの場合には注意が必要です。時期を見て一緒に住んでいただけるようにお話してみませんか?

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「相続税の申告」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「相続税の申告」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.