menu

相続の専門家を検索

親からの独身の兄弟への相続・遺言について

心配杉さん 遺産相続の準備 2015年7月22日 山梨県

はじめまして。

元気ですが高齢の母と同居している既婚長女です。
最近母が相続の話を何気なく振ってきたのですが
その内容に不安というか疑問があるので相談です。

土地建物は現在母名義ですが、それは同居していることもあり
このまま私に譲るというのですが
離れて暮らす独身の兄の行く末が心配とのことで
預貯金は兄へ渡したいと言うのです。
しかも兄がこの先高齢になったらこの自宅へ呼び寄せ
一緒に暮らすようにしてくれと言われました。

外で自由に暮らし、母の面倒も見ることなく
金銭を相続し、更に老後の面倒を妹の私がみなくてはならないなんて
すごく理不尽に感じます。

このような内容のことを私の知らない所で遺言状で残してしまっていたら
私の意見は無視され遺言状の通りにしなくてはならないのでしょうか?

回答日:2015年11月7日

法律では、遺言を遺せる内容が決められています。
詳しくは省略しますが今回の件では、大きくわけて3つ、
1.母名義の土地建物
2.母名義の預貯金
3.1.の不動産での兄との同居
を遺言で遺せるか?ということになりますが、1.と2.については遺せます。3.については遺せません。(正確には、「法的な効力を有しない」となり、「お願い」という意味で遺すことは可能です)

また、遺言で2.については「兄に遺す」とされたいた場合、基本的にはそのようにしなければなりません。ただし、相続人全員で話し合って決めた場合は、必ずしも遺言通りに分割しなくてもいい場合があります。

詳しくは専門家にご相談ください。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺産相続の準備」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺産相続の準備」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.