menu

相続の専門家を検索

相続における、車などの動産の課税評価について

326さん 遺産相続の準備 2015年7月25日 神奈川県

相続において、被相続人が所有する自動車などの課税評価額の考え方について教えてください。自動車などはどのような評価がされるのでしょうか。大半の自動車は減価償却などが加味され、現存価額での評価になることと思いますが、気になるのは、クラシックカーの類など、市場価額が極めて高いケースです。数十年前の車など、経済的評価はすでに減価償却を終え、場合によっては評価0円となるかと思います。ところが人気のあるクラシックカーの類では、市場では何千万円もの金額で取引されている場合もあります。そのような場合には、単なる減価償却後の金額で課税評価するのではなく、いわゆるマーケットバリューを加味して課税評価されるのでしょうか?宜しくお願い致します。

回答日:2015年9月10日

クラッシックカーなどは、単なる動産と言うよりも骨董品として評価すべきと考えます。美術品の評価などは美術年鑑などで評価額を決めることが多いです。クラシックカーなどもオークション等に出される価額が評価額になります。

質問に回答・返信するには、ログインしてください。

「遺産相続の準備」に関する相談Q&A

キーワードから相談を検索する

疑問・悩み事など気軽に質問してみましょう!

「遺産相続の準備」に関する他の記事

ページトップへ

Copyright © 2015 All Partners Inc. All Rights Reserved.